スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dark (Perhaps)Ungothic Dramatic Metals  -OPETH & EToS

 数年前に買っていた OPETH と、数ヶ月前に買っていた ETERNAL TEARSOF SORROW のアルバムを、紹介しておく。


OPETH 「Ghost reveries」 (2007年廉価盤,2005年初版)
 ミカエル・オーカーフェルト(Mikael Åkerfeldt) を中心人物とする、ダークメタル界隈の重鎮バンド・OPETH の、ペル・ヴィバリ(Per Wiberg) をキーボード要員として正式メンバーに据えてから初めてのアルバム。 1980円にて購入。
オビ:「エクストリームでありながらメランコリーなその音世界で、圧倒的存在感を放ち続けるスウェーデンが誇るプログレッシヴ・ゴシック・デス・メタルの最高峰オーペスのロードランナー移籍第一弾アルバム!」

1. Ghost of perdition   
2. The baying of the hounds
3. Beneath the mire
4. Atonement
5. Reverie/Harlequin forest   
6. Hours of wealth
7. The grand conjuration
8. Isolation years

 曲の長さを殆ど感じさせずに一気に聴かせる、緻密な曲作りが見事。 いや、見事というか凄いというか・・・ とにかく、時にはネオクラシカル調にもなる緩急に富んだ曲の中を、華麗に泳ぐように演じられてゆく各楽器の演奏、それらの曲の中にスムーズに溶け込んでいるミカエルのヴォーカルが、・・・とにかく、素晴らしい。
 誤解を恐れずに言うと、『SOUND HORIZON』を聴いてるヤツにこのアルバムを聴かせたら、100人中100人が OPETH のファンになるだろう」というような内容なのであるが。
 88点。 B誌では、伊藤さんが90点を付けていた。
 
 続いて、フィンランド出身のシンフォ・デス系バンドのアルバムを。


ETERNAL TEARS OF SORROW 「A virgin and a whore」 (2001年初盤、2006年再発版)
 現在 KALMAH (関連記事もう一つ) で活躍している アンティ・コッコ(Anti Kokko) が在籍していた頃の作品。
 輸入盤なので、オビなし。

1. Aurora borealis
2. Heart of wilderness   
3. Prophetian
4. Fall of man
5. The river flows frozen
 
6. The last one for life
7. Sick, dirty and mean   
8. Blood of hatred
9. Aeon   

 7.は ACCEPT のカヴァー。選曲に意外性はあるものの、上手くアレンジしていると思う。
 「ドラマティック&メロディック」という点に限っては、OPETH よりもこちらのほうが上かも? しかし、何というか・・・ 知名度というか商業戦略というか、そういう点では大きく負け過ぎている・・・(苦笑)
 キーボードとアコースティック・ギターの使い方が非常に巧いと思った。 予想に反して(実は、音源を一切聴かずに前評判の文章だけでチェックリストに入れていた)、結構スピーディーな曲も多く、以前にレヴューした CRYHAVOC と似ているな,と思った。
 88点。 最長でも5分47秒と、先述の OPETH のアルバムと比べてより聴きやすい感じではある。
 

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村   にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : MELODIC DEATH
ジャンル : 音楽

月下魔性・綴談双・葡萄牙出自 - MOONSPELL「SIN/pecado」「wolfheart」

 元々、この MOONSPELL というバンドは、自分がメタルに目覚めて間もない時期に世界的に“凄い新人バンド”として話題になっていたので、試しにと買ってみたのだが、 ・・・結果的に、これが自分にとっての“初・ゴシックメタルバンド(但し男声版)”となった。

 それから10年近くの年月が流れ、某大型チェーン新古書店のCDコーナーで MOONSPELL の「Wolfheart」が結構安めの価格で売られていたのを発見し、このバンドの良さとかそういうのを久方に思い出し、購入を決意した。


・・・・・・・・・そして、暫くの間またしても遠ざかっていたのだが、つい最近、Michalさん(ANCIENT MYTH等, Vo) のネット上のコラム「異端という名の悦楽」 で最新・9thアルバム「Night eternal」が紹介されていたのを見て、再び MOONSPELL というバンドへの興味が高ぶり出した。
 
 で、結局、思わずそれも買ってしまった もとい、注文してしまった(現在取り寄せ中)。  後悔はしない。

 
MOONSPELL 「SIN / pecado」 (1998年)
 日本デビュー作となった3rdアルバムで、この頃世界的に非常に話題になっていた。
 オビ、紛失。 メンバーは、Fernando Ribeiro(Vo) 、Ricardo Amorim(G)、Pedro Paixão(Symths/Samplers/Programing) 、Mike Gasper(Dr) 、Sérgio Crestana(B) 。 また、メイン・コンポーザーは フェルナンド・リベイロ である。

1. Slow down!   2. HandmadeGod
3. 2econd skin
4. Abysmo
5. Flesh
6. Magdalene
   
7. V.C. (gloria domini)
8. EuroticA
   
9. Mute
10. Dekadance
11. Let the children cum to me...
12. The hanged man   13. 「13!」

 「罪」に関するテーマを集め、コンセプトとしたアルバムである。 1.と 13.はインスト。
 コケティッシュというか、デジタルロックや当時の最新音楽技術、また当時流行のオルタナ/グランジのグルーヴも纏い、それらのバックを冷ややかな空気で覆ったような、独特のデス/ドゥーム/ゴシック・メタル。
 点数は、80点。 


「Wolfheart」 (1995年)
 記念すべきバンドのデビューアルバム。
オビなし。 この当時のメンバー表記は、Langsuyar(Vo) 、Passionis(Keys) 、Ares(B) 、Mike(Dr) 、Mantus(G) となっている。また、このアルバム制作後に Ricardo というニュー・ギタリストが入った,という簡単な英字の説明文が記載されている。

1. Wolfshade (A werewolf masquerade)
2. Lovecrimes   
3. ...of dream and drama (Midnight ride)
4. Lua D'inverno
5. Trebaruna
6. Vanpiria
7. An erotic alchemy
8. Alma mater
 
9. Ataegina

 呪術的な雰囲気を持つ、グロウル気味の低音ヴォーカルによるドゥーム/ゴシック・メタル。 何となく BLACK SABBATH よりも IRON MAIDEN からの影響が大きそうな気がした のは、気のせいなのだろうか? ・・・ああ、多分、「初期よりも中期のB.SABBATHからの影響を強く感じた」からかな。
 点数は、78点


・・・・・・そして、冒頭でも言った内容を繰り返すが、今現在、最新ではないが Michal さんの紹介していたアルバム「Night eternal」を注文(取り寄せ)中である。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : Gothic Metal
ジャンル : 音楽

月下魔性・綴 - 常夜なる世界への案内 -MOONSPELL「Night eternal」

 ポルトガル出身の、“国柄にそぐわない、ゴシックメタルというジャンルのバンド” MOONSPELL によるアルバム9th「Night eternal」を。
  アルバム購入記事    前のMOONSPELLアルバム紹介記事


MOONSPELL 「Night eternal」 (2008年)
 前の紹介記事でも書いたが、これは “女性ヴォーカルのHR/HM系(デスメタル含む)バンド・専門雑誌”「Noir」シリーズでもおなじみだった Michal さんがプッシュしていた ので、その影響で思わず購入を決めたもの。
 輸入盤につき、オビなし。 

1. At tragic hights
2. Night eternal
 
3. Shadow sun
4. Scorpion flower
 
5. Moon in Mercury
6. Hers is the twilight
7. Dreamless (Lucifer and Lilith)
8. Spring of rage
9. First light
[ Bonus track for USA ]
10. Age of mothers
11. Scorpion flower (dark lush cut) by orchestra Mortua
12. Scorpion flower (the feeble cut) by [F.E.V.E.R.]

[ Bonus DVD ]
―・ Live at the Wacken Open Air 2007:
  ・Finisterra
  ・Memento mori
  ・Blood tells
 (Video Clips)
  ・Finisterra PV
 
  ・Finisterra -making
  ・Luna

 点数は、86点。 
 前の記事で挙げた「パワーメタル」の AT VANCE とは大きく異なるが、ダークでメロディックなゴシックメタル としての求心力やインパクト、曲構成の巧みさが良いのは当然、ボーナスDVDでのライヴ風景と「Finisterra」PVでの“ヘヴィメタルバンド然りとした”メンバーのアグレッシヴなパフォーマンスを、“普遍的なメタルバンドのものとして”「カッコいい!」と思ってしまった ・・・もとい、思わされた。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : MELODIC DEATH
ジャンル : 音楽

黒白分離・死与月譚虐奏 (MOONSPELL /memorial)

 MOONSPELL の最新アルバム「Alpha noir」のデラックス版を買ったら、以外にもボーナスアルバムの「Omega white」も含めて容量がかなりあったため、2作品を併せて紹介しようと考えていたのを取り止め、それぞれを分けて記事に出しておくことに決めた。


MOONSPELL 「Memorial」 (2006年)
  購入記事  情報量が少ないため、勝手にこのアルバムをベスト盤かアンソロジー盤かと思い込んでいたが・・・
 実際、これを買って聴いて薄いブックレットを読んでみて、「葬式や死にまつわる題材を集めたコンセプトアルバムだったのか」,と多少びっくりした。


1. In memoriam   2. Finisterra
 
3. Memento mori
4. Sons of earth   5. Blood tells
6. Upon the blood of men
7. At the image of pain
8. Sanguine
9. Proliferation   10. Once it was ours!
11. Mare nostrum   12. Luna
 
13. Best forgotten

 1.はアルバムの序章。 4.と 9.はインストで、それぞれ後続曲のイントロらしいうねりを持つ。 
 点数は、79点。 アウトロ(13.の8分以降)のSEが、少しマイナス要素に感じた・・・

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : Gothic Metal
ジャンル : 音楽

黒き水の流れる自然公園内での、暗黒音楽の妙演 - OPETH「blackwater park」(renewal)

 ミカエル・オーカーフェルト(Mikael Åkrfeldt) 率いるスウェーデン出身の優良ダーク/プログレ/メロデス・メタルバンド、OPETH の数ある名作のうち、5枚目アルバムである「Blackwater park」の、紙ジャケ・ハードカヴァーブックレット型豪華特典版が、2010年に発売された。
 購入記事 今回は、それを紹介しておきたい(輸入盤で海外のショップサイトから購入した)。

 
OPETH 「Blackwater park -legacy edition」 (2001年初盤、2010年豪華特典版出版)

[ CD ]
1. The leper affinity   
2. Bleak
3. Harvest
4. The drapery falls
5. Dirge for November
 
6. The funeral portrait
7. Patterns in the ivy
8. Blackwater park   
[ Bonus track for this edition ]
9. The leper affinity (live)

[ DVD ]
―・ (5.0 Audio mix of the original album)
―・ Documentary: The making of blackwater patk

 メロディも演奏も良いが、それ以上にヴォーカルを含めたアンサンブルが一番の聴き所である。 「ドラマティックなメロデス」というよりは、「ドラマティックなプログレ・デス」という方が近いかも。更にそこに、フォーク系の要素を組み込んだ,という所か。
 点数は、87点。 夏にこういうのを聴いても、あまり涼しい気分を味わえないどころか、むしろ逆に熱くなるかも・・・?(苦笑)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : MELODIC DEATH
ジャンル : 音楽

月華黒白・拾漆曲纂編 (MOONSPELL alpha / -omega)

 ポルトガル出身の MOONSPELL による、最新アルバムの限定生産盤を。

 嘗て、このアルバム(memorial)と一括にして紹介しようと思った事があったが・・・ 結構な容量を感じたので、やめた。   購入記事


MOONSPELL 「Alpha noir」 (2012年)
 「special edition」ヴァージョンのものを購入。

[ Alpha noir ]
1. Axis mundi
2. Lickanthrope
 
3. Versus
4. Alpha noir
5. Em nome do medo
6. Opera carne
7. Love is blasphemy
8. Grandstand   9. Sine missione

[ Omega white ] (bonus album)
1. Whiteomega
2. White skies
 
3. Fireseason
4. New tears eve
5. Herodisiac
6. Incantatrix
7. Sacrificial
8. A greater darkness

 例えて言うならば、パワーメタル分野での ACCEPT や GRAVE DIGGERメロディック・メタル分野での FIREWIND や Axel Rudi Pell 等々 、また スラッシュ分野での OVERKILL など といったバンドに良く言われる“いつもと同じ”“金太郎飴バンド”という形容が、ドゥーミーなダーク・メロディック・メタルの領域では MOONSPELL が当て嵌まるのでは,と思う。 自分は CANDLEMASS に代表されるドゥームメタル系には詳しくないが、とにかく、比較的よく知っている MOONSPELL のアルバムを色々と聴いてきた感覚に照らし合わせると、やはりそういう言葉が相応しいのでは,と思った。
 徹底して耽美、且つダーク&アグレッシヴで劇的な展開が一部に見られる(聞かれる)、相変わらずの“反・ポルトガルという国家のイメージ”的な内容。
 点数は、83点

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : MELODIC DEATH
ジャンル : 音楽

どこまでも孤高に、我が道を突き進み劇的音楽を創造する者達 - OPETH「pale communion」

 スウェーデンが世界に誇る、極めて高い独自性を持つメタルバンド OPETH の最新アルバム「Pale communion」を。   購入記事


OPETH 「Pale communion」 (2014年)
オビ:「深遠なるその独自の音楽性を徹底的に追求し続ける彼らが辿り着いた至宝の音世界・・・ 一粒一粒の音を緻密に織り込みながら構築された、彼等にしか成しえない世界観を持つ、スウェーデンが誇る孤高の音楽集団:オーペスが綴る通算11枚目となる最新作。 凛とした静謐さの中に秘められた情熱が、聴く者の胸を熱くする・・・

1. Eternal rains will come
 
2. Cusp of eternity
 
3. Moon above, sun below
4. Elysian woes
 
5. Goblin
6. River
 
7. Voice of treason
 
8. Faith in others
 
( Bonus tracks for Japan )
9. Atonement (live)
10. Demon of the fall (live)

 公式の物が大盤振る舞いで公開されている・・・ こんなに公開して良いのか? と思ってしまうのだが・・・ 視聴する事で金がOPETHに対し支払われるようなシステムになっていればいいのだが。(あくまでも、視聴者は無料で曲の大半を聴ける)
 プログレッシヴ・メタル というより、プログレッシヴ・ロック と言った方が適切でないか、と思ってしまうほど、ライトでポップな要素が強い。アコースティックで冷たいドラマティックな雰囲気は残っている。
 また、’60 ~’70年のプログレの要素もかなり強いように感じた。聴き手の心に染み入るような芸術性は、勿論貫き通されていると感じた。
 点数は、84点。 B誌では、伊藤さんが94点を付けていた。
 バンド・リーダーである ミカエル・オーカーフェルト が「こういう音楽を創りたい」と思い、徹底的に作り込んで納得の末に完成させた物なので、文句を言うつもりはない。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : プログレッシヴロック
ジャンル : 音楽

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。