スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しんみりした気分で居続けたいわけではない。 「Jazz for Japan」

 随分と以前から持っていた、東日本大震災復興支援アルバムのジャズ・ヴァージョン。



V.A. 「ジャズ・フォー・ジャパン ~東日本大震災被災地復興支援CD」 (2011年)
 プロデューサーの ラリー・ロビンソン(Larry Robinson) を中心とした、親日家ジャズミュージシャン達によるプロジェクト・アルバム。
オビ:「ジャズを愛する日本の友人たちへ、ミュージシャンの支援の輪! スティーヴ・ガッド、ネイザン・イースト、リー・リトナー、マーカス・ミラー、デヴィッド・T・ウォーカー、ケニーG、ボブ・ジェームスら多数のミュージシャンが参加。すべて新録音!」

[ Disc-1 ]
1. Maiden voyage
( Steve Gadd(Dr), Tom Scott(Sax), Billy Childs(Pi), Nathan East(B), Everette Harp(Sax) )

2. Sugar
( Everette Harp, Clarence McDonald(Pi), Ndugu Chancler(Dr), David T.Walker(G), Del Atkins(B) )

3. So what
( Steve Gadd, Tom Scott, Billy Childs, Nathan East, Everette Harp )

4. Sophisticated lady  
( Christian McBride(B) and Billy Childs)

5. Footprints
( Rickey Minor & THE TONIGHT SHOW BAND*)

6. Work song
( S.Gadd, T.Scott, B. Childs, N. East )


[ Disc-2 ]
1. What a wonderful world
( C.McDonald, N.Chancler, Marcus Miller(B), D.T. Walker )

2. Mr. PC
( Deron Johnson(P), Larry Goldings(Org), Chuck Berghofer(B), Peter Erskine(Dr) )

3. Body & soul
( M.Miller(Bass G. & Bass Clarinet), Herman Jackson(Pi) )

4. Cold duck time
( Boney James(Sax),Keiko Matsui(Pi), Rickey Minor(B), Tom Brechtlein(Dr), David Paich(Electric Pi) )

5. Watermelon man
( C.McDonald, N.Chancler, Lee Ritenour(G), M.Miller, Kenny G.(Soprano Sax), E.Harp(Tenor Sax) )

6. Invitation
( P. Erskine, C.McBride, B.Childs )

7. Cantaloupe island
(Alex Acuña(Dr & Congas), Alphonso Johnson(B), Herman Jackson(Pi), C.McDonald(Electric Pi) )

8. I'm glad there is you
(Performed by Bob James, Piano only stuff)


 *リッキー・マイナー&トゥナイト・ショウ・バンド のメンバーは、Marcus Miller(bCl), Wayne Linsey(Pi), Paul Jackson Jr.(G), Teddy Campbell(Dr), David Delhomme(Electric Pi), Kevin Ricard(Perc), Raymond Monterio(Tp), Miguel Gandelman(tSax), Garret Smith(Tb), Randy Ellis(aSax) である。 物凄く大所帯だ・・・

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ジャズ
ジャンル : 音楽

ジャズとクラシックの、新型CD「聴き比べ」シリーズ集 (HQCD/SHM-CD & 通常CD)

 自分があっさり引っかかってしまった廉価盤の音楽CDキャンペーン企画の中でも、特に値段の安かったものとして、数年前にSHM-CDが出た当初の「聴き比べ」企画と、今回少し前に購入したHQCDの企画がある。
 とにかく、いずれも非常に安く、2枚組にして1000円掛からない程度である。


「HQCDで聴く高音質ジャズ」 (2012年)
 通常版CDとの2枚組にして、「お試し価格 980円」である。
オビ:「話題の高音質CDを聴き比べ!! 「アンプやCDプレイヤーを買い換えたような錯覚に陥る音質の向上を耳にした!」 ―(野澤龍介) 」
 2枚組CDで、HQCD・通常CD共に収録曲は全く同じ音源。

1. Moanin'    (Art Blakey & THE JAZZ MESSENGERS)
2. Tiny capers    (Clifford Brown)
3. Move    (Miles davis)
4. Caravan    (Duke Ellington)
5. Jeannine    (Cannonball Adderley)
6. That old feeling    (Chet Baker)
7. Cool struttin'    (Sonny Clark)
8. Midnight blue    (Kenny Burrell)
9. Blue sands    (Chico Hamilton)
10. I gget the blues when it rains    (Sue Raney)
11. You go to my head    (Art Pepper)
12. 'round midnight    (Julie London)


 以下の2つは、「お試し価格 1000円」だった。

SHM-CD compilation (jazz edition) 「What's new? They say it's wonderful.」 (2008年)
 2枚組CDで、SHM-CD・通常CD共に収録曲は全く同じ音源。次のクラシック版も同じく。 
オビ:「噂の高音質CDを手軽に体験!! ジャズの名曲・名演を13曲収録! 同じマスターからプレスした通常CDとの比較もできる!!」

1. All or nothing at all    (John Coltrane)
2. Corcovado    (Stan Getz & João Gilberto)
3. Days of wine and roses    (The Oscar Peterson TRIO)
4. What's ever    (Helen Merrill)
5. They say it's wonderful    (John Coltrane & Johnny Hartman)
6. Eleanor Rigby    (Wes Montgomery)
7. What a wonderful world    (Louis Armstrong)
8. Wave    (Antonio Carlos Jobim)
9. Água de beber    (Astrud Gilberto)
10. Stella by starlight    (Anita O'Day)
11. Limehouse blues    (Cannonball Adderley) 
12. Greensleeves    (Kenny Burrell)
13. Our love is here to stay    (Bill Eans TRIO)


SHM-CD compilation (classic edition) 「Ride of the superior sound」 (2008年)
 
オビ:「噂の高音質CDを手軽に体験!! クラシックの名曲・名演を11曲収録! 同じマスターからプレスした通常CDとの比較もできる!!」

1. Carmina Burana - Fortuna
(Chor und Orchester der Deutschen Oper Berlin /Eugen Jochum)
2. Symphony No.7 in A major, op.92 - Ⅳ
(Wiener Philharmoniker /Carlos Kleiber)
3. Till Eulenspiegels lustige Streiche op.28
(Berliner Philharmoniker /Herbert von Karajan)
4. Radetzky-Marsch, op.228
(Wiener Philharmoniker /Seiji Ozawa)
5. Ride of the Valkyries
(Wiener Philharmoniker /Sir Georg Solti)
6. Symphony no.3 in C minor, op.78 "organ" -Ⅱ.part 2
(Peter Hurford(organ), Orchestre symphonique de Montréal /Charles Dutoit)
7. Requiem in D minor, K.626 - Lacrimosa
(Wiener Staatsopernchor, Wiener Philharmoniker /Karl Böhm)
8. Matthaus Passion, BWV244 - Schlusschor "Wir setzen uns mit tranen nieder"
(Münchener Bach Chor und Orchester /Karl Richtr)
9. Piano concerto no.1 in E flat major, S124 - Ⅰ
(Martha Algerich(pi), London Symphony Orchestra /Claudio Abbado)
10. Piano quintet in A major, D667 "Die Forelle" - Ⅳ
(Emil Gilels & AMADEUS QUARTET)
11. Symphony no.5 in C sharp minor - Ⅳ
(Wiener Philharmoniker /Leonard Bernstein)


・・・・・・こういうものは、点数を付けて良し悪しを計るものではない。多くを語るだけ無駄で、各人が個人的に、しかも「楽しまずに」音楽に集中して当たる為のものだと思う。
 あくまでも、「持っている」と紹介しておく以外に何の意味も無い と思うのだが。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 音楽を感じさせる音楽
ジャンル : 音楽

ABBA - JAZZ (by North-Europe & Worldwide Artists)

 '70年頃に世界的な成功を収め、HR/HMの分野のアーティストらによるカヴァー・アルバムも有名な ABBA の曲を、ジャズインストヴァージョンでカヴァーした企画アルバム。
 北欧ジャズ・シーンで著名な アンデッシュ・ヴィーク(Anders Wihk, Pi) が、スティーヴ・ガッド(Steve Gadd, Dr) や スヴァンテ・ヘンリソン(Svante Henryson, B) と共に、基本トリオ編成で作り上げている。   購入記事

 
V.A. 「Same tree Different Fruit - ABBA JAZZ」 (2012年)
  レーベル内の商品紹介ページ へ。
オビ:「世界的大ヒットを遂げたスウェーデンのポップ・グループ“ABBA”の結成40周年に捧げたジャズ・カヴァーの最高傑作。とにかくスティーヴ・ガッドのドラムが抜群にかっこいい! あの“スタッフ”を思わせるような演奏もゴキゲン!」

1. Voulez-vous
2. Gimme! gimme! gimme! (A man after midnight)
3. Money, money, money
4. Fernando
5. Dancing queen
6. The name of the game
7. SOS
8. Take a chance on me
9. Does your mother know
10. The winner takes it all
11. Mamma Mia
12. Thank you for the music

 デイヴィッド・サンボーン(David Sanborn, as) 、ロベン・フォード(Robben Ford, e-G) というゲストミュージシャンを招き、作り上げている。
 フォード は 4.で、サンボーン は 12.で参加している。
 点数は、87点。 ヘンリソンのベースによるメロディ、ヴィークによる多彩なフレーズ、そして ガッド による出しゃばり過ぎず、且つ耳の惹かれるドラムワークが、非常に整合性が取れていて、且つ適度に崩れた感じの(フリージャズ・スタイルじみた)出来合いで、興味深く聴き入る事が出来た。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 北欧ジャズ/スカンジナビア
ジャンル : 音楽

Jazz & Classic - Chosen Ones of C.Yamanaka

 山中千尋さんによる、ジャズとクラシック音楽の中から、特に彼女が好んでいる楽曲を選出して纏めたコンピレーション・アルバム2つを。
 前年の11月21日に発売される予定だったが、発売予定日がずれにずれ込んで、結局12月末に発売される事に決定した・・・・・・  購入記事


山中千尋 : 「山中千尋選曲ジャズ・コンピレーション」
 「JAZZ reminiscience compiled by Chihiro Yamanaka」の英字タイトルが付いている。
オビ:「いつまでも聴いていたいジャズ  初心者には必須! の代表的名曲から、通もうならせる隠れた名演まで。何度もくりかえし聴きたくなる、キラキラかがやく音の宝石たちをぎっしり詰め合わせた、チヒロ・ジャズ・セレクション。」

1. Autumn leaves
2. Dat dare
3. Stardust
4. Stella by starlight
5. Front burner
6. Makin' whoopee
7. Melodies of love
8. Stolen memories
9. My heart belongs to daddy
10. Ruby, my dear
11. Santa claus is coming to town!
12. Valse hot
13. Tempus fugit
14. Sentimental journey

 ジャズ・ピアニストに限らず、クリフォード・ブラウン などの著名な実力派アーティストのテイクが集められている。


「山中千尋選曲クラシック・コンピレーション」
 「CLASSIC reminiscience compiled by Chihiro Yamanaka」の英字タイトルが付いている。 
オビ:「待っていた音は、ここにある。  長く聴き継がれてきた音楽の愛おしさと安らぎ。 クラシックのあたらしい楽しみ方を山中千尋が提案します。」

1. I.Stravinsky; Pulcinella site - Ⅰ. Sinfonia
2. J.S.Bach; Suite for solo cello no.1 in G major, BWV1007 - Ⅰ.prelude
3. A.Scriabin; Deux pour la main gauche, op.9 -Ⅰ.prélude: andante
4. A.Scriabin; Deux pour la main gauche, op.9 -Ⅱ.nocturne: andante
5. W.A.Mozart; Clarinet concerto in A major - Ⅱ.adagio
6. M.Ravel; Sonatine - Ⅱ. Mouvement de menuet
7. J.S.Bach; Sonata for flute no.5 in minor, BWV 1034 - Ⅰ.adagio ma non tanto
8. F.Mendelssohn; Songs without words op.19 no.2 in minor (andante espressivo)
9. D.Millhaud; Les quatre saisons - spring concertino for violin and chamber orchestra op.135
10. C.DeBussy; Ariettes oublées -2. Il pleure dans mon cœur
11. M.Ravel; La valse - choreographic poem, for orchestra
12. F.Chopin; Nocturne no.21 in C minor, op.posth
13. C.Franck; Sonata pour piano et violon en la majeur - Ⅰ.allegretto ben moderato
14. C.Debussy; Images l première série pour piano a deux mains - Ⅰ.raflets dans l'eau: andantino molto
15. E.Satie; Je te veux

 ストラヴィンスキーバッハスクリャービンモーツァルトラヴェルメンデルスゾーンミヨードビュッシーショパンフランクサティ といった作曲家の作品が取り上げられている。
 アレクサンデル・スクリャービン の「左手のための2つの小品 作品9」の「第1曲:前奏曲」と「第2曲:夜想曲」を演奏しているのは共に アナトール・ウゴルスキ(Anatol Ugorski) で、同じアルバムからのテイク。
 ヨハン・セバスチャン・バッハ の「フルート・ソナタ」では、ヴィオラ・ダ・ガンバ(Viola da gamba) なる楽器が登場し、ヤープ・テル・リンデン(Jaap Ter Linden) が演奏している。
 ダリウス・ミヨー の曲は、作曲者であるミヨー自身が指揮を執っている1958年のヴァージョンが収録されている。

 点数は、共に付けない。 一応この2作は、一人のアーティストによる選曲だけど「ジャズ」と「クラシック」それぞれという大きく異なるジャンルに属しているので、両者を比較検討するわけにもいかず、とにかく「山中さんは、これらの曲が好きなんだな」と分かる だけに留めておくべきだと思うので。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : JAZZ&Classic
ジャンル : 音楽

The 「Metro Tins」 from SQUAREMUSIC, - LADIES SING THE BLUES

 先日(5/22)、久し振りに地元タワレコに足を運び、あちらこちらのコーナーを眺めてみていて、ふと 缶ケース入り という珍しい方式のCDセット「Ladies sing the blues」を発見してしまった。
 しかもそれが「1000円生活シリーズ」企画の中で販売されているため、ほぼ反射的に手に取ってしまった。 「レトロ缶包装」という、珍しくもあり同時に内部の破損し難い仕様になっているのも面白いな,と思ってしまったので、つい購入を決めてしまった。   購入記事


Various Artists 「Ladies sing the blues」 (2010年発売)
 「Ladies Sing The Blues is a lovingly compiled 3CD set featuring many of the greatest female singers of the 20th century. Each disc includes timeless performances from pioneers like Ma Rainey, Bessie Smith and Mildred Bailey as well as legendary turns from icons such as Billie Holiday, Ella Fitzgerald, Peggy Lee and Anita O'Day.」という紹介文が付いている。

[ CD - one ]
1. Lover man   (Billy Holiday)
2. Baby won't you please come home?   (Ella Fitzgerald)
3. Backwater blues   (Bessie Smith)
4. I got it bad and that ain't good   (Duke Elington & his orchestra feat. Ivie Anderson)
5. Ain't misbehavin'   (Anita O'Day)
6. Blues in the night   (Peggy Lee)
7. The gin house blues   (Bessie Smith)
8. St. Louis blues   (Maxine Sullivan)
9. All of me   (Billie Holiday)
10. Aunt Hagar's blues   (Lena Horne)
11. Basin street blues   (Ella Fitzgerald)
12. Dyin' by the hour   (Bessie Smith)
13. A porter's love song to a chambermaid   (Mildred Baily)
14. Booze and blues   (Ma Rainey)
15. Don't blame me   (Ethel Waters)
16. Long gone blues   (Billie Holiday)
17. Stone cold dead in the market   (Ella Fitzgerald)
18. How long has this been going on?   (Peggy Lee)
19. Empty bed blues   (Bessie Smith)
20. My old time   (D.Ellington & his orchestra feat. I.Anderson)

[ CD - two ]
1. On the sunny side of the street   (Peggy Lee)
2. Kitchen man   (Bessie Smith)
3. Sugarfoot rag   (Ella Fitzgerald)
4. Junk man   (Mildred Bailey)
5. Stormy weather   (Ethel waters)
6. Downhearted blues   (Bessie Smith)
7. Blues for bojanbles   (Anita O'Day)
8. Your mother's son-in-law   (Billie Holiday)
9. Electrician blues   (Lizzie Miles)
10. Sweet Georgia Brown   (Ethel Waters)
11. Mood ingido   (D.Ellington & his orchestra feat. I.Anderson)
12. Take him off my mind   ()
13. I can't it give you anything but love   (Anita O'Day)
14. Mad about the boy   (Lena Horne)
15. I got it bad and that ain't good   (Ella Fitzgerald)
16. Nobody knows you when you're down and out   (Bessie Smith)
17. I'm a mighty tight woman   (Sippi Wallace)
18. The blues I love to sing   (Adelaide Hall)
19. Am I blue?   (Ethel Waters)
20. Hard time blues   (Ida Cox)

[ CD - three ]
1. Beale street blues   (Lena Horne)
2. Harlem lullaby   (Mildred Bailey)
3. Send me to the 'lectric chair   (Bessie Smith)
4. Good morning, heartache   (Billie Holiday)
5. Shoe shine boy   (D.Ellington & his orchestra feat. I.Anderson)
6. O'Day blues   (Ada Brown)
7. Freight train blues   (Trixie Smith)
8. Hangover blues   (Una Mae Carlisle)
9. Frankie and Johnny   (Lena Horne)
10. My old flame   (Peggy Lee)
11. Let your linen hang low   (Rosetta Howard)
12. Evil mamma blues   (Ada Brown)
13. Rosetta blues   (Rosetta Howard)
14. Georgia on my mind   (Mildred Bailey)
15. It ain't necessarily so   (Maxine Sullivan)
16. Rockin' chair   (Mildred Bailey)
17. St.Louis blues   (Bessie Smith)
18. Cravin' a man blues   (Lillian Glinn)
19. Keep on a rainin'!   (Bessie Smith)
20. Toad frog blues   (Ma Rainey)

 このシリーズのタイトルとしては「~ blues」となっているが、曲を聴くと判るが、リズム&ブルースやジャズがメインとなっている。 1950年以降(20世紀後半)の ジャズ/ブルース(リズム&ブルース)/ファンク という、いわゆる ブラック/コンテンポラリー の領域を扱った内容である。
・・・・・・3枚併せて軽く3時間を超える(厳密には3時間12分22秒)内容のを、採点する為にそれぞれ3回聴いた・・・ 結構な重労働である。 また、自室でこれらを聴いている間に、勤務先への往復時にメタルを車内でガンガンかけて聴いていたのだが、その事で余計にか、(女声ジャズを聴いていて)「かったるい」という印象を持ってしまった のだが・・・
 ただ、「かったるい」とは思っても決して苦痛に感じる事は無かった ・・・というのは、自分の好きな音楽ジャンルという問題ではなく、元々の音質が「軽い」わけではないが 芯のしっかりとした、マイルドでありつつも卓越技巧によって演奏されている内容だから というのを、指摘しておきたい。
 点数は、83点。 ロックの源流ではないが、現在活躍する ジャズ/ブルース/R&B 系のアーティストの影響源を探るという意味ではかなり良い教材だと思う。


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


・・・・・・しかし、60曲入りで1000円とは、凄まじいお宝物である。

テーマ : Female Jazz Vocal
ジャンル : 音楽

正直、「どうして今更こんなものを・・・」と気付いてしまった。(Jazz compilation -essential)

  「Metro Tin Can」シリーズが面白いと思って手を出してしまった作品「Giants of Jazz - the essential jazz collection」を。   購入記事
 当然、1000円程度と非常に安かったのが手を出した原因でもあるが。。。

V.A. 「Giants of Jazz - the essential jazz collection」 (2012年)
 「Here are 3CDs from the Greatest jazz performers of all time. Celebrating a host of crucial recordings from the truly iconic legends of jazz including Miles Davis, John Coltrane, Thelonious Monk, Louis Armstrong, Charlie Parker, Duke ellington, Dave Brubeck and many, many more...」という紹介文が付いている。

[ CD-1 : Blowing it hot ]
1. Milestone   (THE Miles Davis QUINTET)
2. Giant steps   (John Coltrane)
3. Cool struttin'   (Sonny Clark)
4. This I dig of you   (Hank Mobley)
5. Along came Betty   (Art Blakey and THE JAZZ MESSENGERS)
6. Moanin'   (Charles Mingus)
7. It's all right with me   (Sonny Rollins)
8. Blue monk   (Thelonious Monk)
9. Jubilation   (Cannonball Addrley)
10. Joy spring   (Clifford Brown)
11. Bouncing with bud   (Bud Powell's MODERNISTS)
12. Rhythm mad   (Dexter Gordon)
13. Nice and easy   (Johnny Griffin)

[ CD - 2 : Playing it cool]
1. Take five   (Dave Brubeck)
2. Stella by starlight   (THE Stan Getz QUINTET)
3. September song   (Chet Baker)
4. West coast blues   (Wes Montgomery)
5. The surrey with the fringe on top   (Ahmad Jamal, with Ray Crawford & Eddie Calhoun)
6. Taking a chance on love   (Lester Young)
7. Peri's scope   (Bill Evans)
8. Django   (THE MODERN JAZZ QUARTET)
9. It ain't necessarily so   (Oscar Peterson)
10. In the wee small hours   (Ben Webster)
11. Line for lyons   (Gerry Mulligan & Paul Desmond)
12. Senor blues   (Horace Silver)
13. You'd be so nice to come home to   (Art Pepper)
14. I'll close my eyes   (Blue Mitchell)
15. Killer Joe   (THE JAZZTET)
16. Ramblin'   (Ornette Coleman)

[ CD - 3 : Old masters & young lions]
1. Sugar foot stomp   (Fletcher Henderson and HIS ORCHESTRA)
2. Black bottom stomp   (Jelly Roll Morton's RED HOT PEPPERS)
3. East st. Louis toodle-do   (Duke Ellington and HIS ORCHESTRA)
4. I'm coming Virginia   (Bix Beiderbecke)
5. West end blues   (Louis Armstrong and HIS ORCHESTRA)
6. Tiger rag (1933 version)   (Art Tatum)
7. King Porter stomp   (Benny Goodman and HIS ORCHESTRA)
8. Lester leaps in   (Count Basie and HIS ORCHESTRA)
9. Everything is jumpin'   (Artie Shaw)
10. Summertime   (THE Sidney BechetQUINTET)
11. Body and soul   (Coleman Hawkins)
12. After you've gone   (Roy Eldridge & HIS ORCHESTRA)
13. Flying home   (Lionel Hampton AND HIS ORCHESTRA)
14. Groovin' high   (THE Dizzy Gillespie SEXTET)
15. Scrapple from the apple   (Charlie Parker)
16. Lullabye of Birdland   (George Shearing)
17. Castle rock   (Johnny Hodges & HIS RCHESTRA)
18. My funny valentine   (Guincy Jones AND HIS ORCHESTRA feat. Sonny Stitt)
19. City lights   (Lee Morgan)
20. Fuego   (Donald Byrd)
21. Open sesame   (Freddie Hubbard)


・・・・・・これだけの内容となると、「採点するのもおこがましい」と感じるくらいになってしまう。 「聴いた事のある」感のする曲が沢山出て来る というか、全てが“一度は聴(聞)いた事がある曲”である(苦笑)。
 いや、寧ろ、「難しい」というよりは「面倒くさい」というのが実質本音だったり(爆)。

・・・とりあえず、「頑張って」CD3枚をそれぞれ2回ずつ“聞”いた というのも本音だったり・・・

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

テーマ : STANDARD JAZZ
ジャンル : 音楽

ブリキ缶シリーズの最終編。「Smooth Jazz」コンピレーション。

  自分が購入した「Metro Tin Can」シリーズとしての第3弾「Ultimate smooth jazz」を。   購入記事

V.A. 「Ultimate smooth jazz」 (2009年)
 「This fantastic 3CD collectors tin features over 3 hours of fine smooth jazz and easy, evocative classics. Relaxing rhythms and graceful grooves sweep through this three disc set like a retro convertible on a sunny summers day.」という紹介文が付いている。

[ CD - 1 ]
1. Angela (Theme from 'Taxi' )   (Bob James)
2. Moon river   (Richard "Groove" Holmes)
3. Just the two of us   (2PLAY)
4. Samba de orpheus   (GRANT GREEN)
5. Walk on by   (Cal Tjader)
6. Breezin'   (KYMAERA)
7. Everybody's talkin'   (Lena Horne and GABOR SZABO)
8. Street life   (JAZZ URBAINE)
9. Virginia sunday   (Richard Tee)
10. Hold me   (Astrud Gilberto)
11. Sack full of dreams   (GRADY TATE)
12. Cantaloupe island   (THE BRECON BROTHERS)
13. Ain't no sunshine   (KYMAERA)
14. Easy dreaming   (EJQ)
15. Always   (Stan Getz)


[ CD - 2 ]
1. Take five   (THE BROKEN BROTHERS)
2. Do you know the way to San Jose?   (JAZZ URBAINE)
3. Westchester lady   (Bob James)
4. Baker street   (EXOTIQUE)
5. Chuck E's in love   (KYMAERA)
6. Skat talk   (Marc Colby)
7. Favela   (GRUPO CABANA)
8. Something   (Lena Horne and GABOR SZABO)
9. Hawkeye   (Wilbert Longmire)
10. Lowdown   (KYMAERA)
11. Grazin' in the grass   (THE BRECON BROTHERS)
12. Mambo sangria   (Cal Tjader)
13. It's too late   (KYMAERA)
14. Sophisticated lady   (George Shearing)
15. Someone to watch over me   (Donald Byrd)

[ CD - 3 ]
1. Sealed with a kiss   (GABOR SZABO)
2. Morning dance   (2PLAY)
3. What the world needs now is love   (JAZZ URBAINE)
4. Shamboozie   (Bob James)
5. Living on the fault line   (KYMAERA)
6. Pick up the pieces   (THE BRECON BROTHERS)
7. Once I loved   (GRUPO CABANA)
8. Fifty ways to leave your lover   (KYMAERA)
9. Now   (Richard Tee)
10. Fly like an eagle   (KYMAERA)
11. That old feeling   (Pee Wee Russel)
12. Caribbean cutie   (ADDERLEY BROTHERS)
13. Fragile   (KYMAERA)
14. Stride out   (EJQ)
15. (Medley)How deep is the ocean ~ smoke gets in your eyes ~ My foolish heart ~ Over the rainbow ~ Serenade in blue   (Sonny Stitt)

 丁度前の記事に同じく、面倒臭いという意味も含め、採点はナシの方向で。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


 しばらくの間(1週間くらい?)、試験勉強に集中するためブログは一時休止。

テーマ : SmoothJazz
ジャンル : 音楽

Not [Just Only Blues] - Compilations Including R&B/Soul/Funk ...etc.etc.

  かつて「The birth of soul」などと同時に購入していた、Union Square - Metro tins シリーズの一つである「Nothing but blues」を、何とか頑張りながらも2回ずつ、1通り聴いたので出しておく。   購入記事


V.A. 「Nothing but blues」 (2012年)
オビ: 「Here are 3CDs of essential blues from the legendary artists who started it all. Featuring 60 classic recordings from the likes of John Lee Hooker, MUDDY WATERS, Bo Diddley, HOWLIN' WOLF, Lowell Fulson, LEADBELLY, Robert Johnson and many, many more...」

[ CD - One ]
1. Dimples   (John Lee Hooker)
2. Sweet little angel   (B.B.KINGS)
3. I just want to make love to you   (MUDDY WATERS)
4. Before you accuse me   (Bo Diddley)
5. The sky is crying   (Elmore James)
6. Further up the road   (Bobby 'BLUE' Bland)
7. Merry christmas, baby   (Chuck Berry)
8. The red rooster   (HOWLIN' WOLF)
9. Ain't that lovin' you baby   (Jimmy Reed)
10. Born under a bad sign   (Albert King)
11. Worried life blues   (BIG MACED)
12. That's all right   (Arthur 'BIG BOY' Group)
13. Big town playboy   (Eddie Taylor)
14. Freeze   (Albert Collins)
15. Easy   (Jimmy and Walter)
16. Call it stormy monday (but tuesday is just as bad)   (T-BONE WALKER)
17. Nobody knows you when you're down and out   (Bessie Smith)
18. Statesbobo' blues   (Blind Willie McTell)
19. Five ling years   (Eddie Boyd)
20. Death letter blues   (Ida Cox)

[ CD - Two ]
1. Hound dog   (Willie Mae Thornton)
2. San-Ho-Zay   (Freddie King)
3. Reconsider baby   (Lowell Fulson)
4. (Gonna lay my body) down by the riverside (live)   (Brownie McGhee & Sonny Terry)
5. Long gone blues   (Billie Holiday)
6. Sweet home Chicago   (Robert Johnson)
7. Milk cow blues   (Kokomo Arnold)
8. Boom,boom   (John Lee Hooker)
9. Moanin' at midnight   (HOWLIN' WOLF)
10. Bright lights, big city   (Jimmy Reed)
11. (Night time is) the right time   (Ray Charles)
12. Ten long years   (B.B.King)
13. I'm a king bee   (SLIM HARPO)
14. St. Louis blues   (Bessie Smith)
15. Baby, won't you please come home?   (Ella Fitzgerald)
16. Roll and tumble blues   (Hambone Willie Newbern)
17. Key to the highway   (JAZZ GILLUM)
18. Flip, flop and fly   (Big Joe Turner)
19. Mystery train   (LITTLE JUNIOR'S BLUE FLAMES)
20. Walking blues   (SON HOUSE)

[ CD - Three ]
1. Got my mojo working   (MUDDY WATERS)
2. Fattening frogs for snakes   (Sonny Boy Williamson)
3. Mojo hand   (LIGHTNIN' HOPKINS)
4. 5-10-15 hours   (Ruth Brown)
5. Juke   (LITTLE WALTER)
6. I can't quit you baby   (Otis Rush)
7. Mother earth   (MENPHIS SLIM)
8. Messin' with the kid   (JUNIOR WELLS )
9. The things that I used to do   (GUITAR SLIM)
10. I ain't got you   (Billy Boy Arnold)
11. Looking the world over   (Menphis Minnie)
12. Back water blues (live)   (Dinah Washington)
13. Dark was the night   (Blind Willie Johnson)
14. I'm a lover, not a fighter   (LAZY LESTER)
15. Love in vain   (Robert Johnson)
16. I'm a mighty tight woman   (SIPPIE WALLACE)
17. Devil's got my woman   (Skip James)
18. Dirty T.B. blues   (Victoria Spivey)
19. Candy man blues   (Mississippi John Hurt)
20. Midnight special   (LEADBELLY)

 この場に レイ・チャールズ や エラ・フィッツジェラルド 等の名前が見られるのが、正直、気になるが・・・ 1950~60年あたりでは、ジャズやブルースやソウル、R&B 等のジャンル分けが不明瞭だとかそれに近い事情があったのかな? ・・・などと、いろいろ考えてみる以外にない(情報が少ない)。
 あと、基本的には人名を頭文字のみ大文字、バンド/ユニット名を総て大文字 としているが、この辺りでも正確な情報を得ている訳ではないので、詳細をご存知の方がいれば情報提供をしていただきたい と思っている。
 採点なし、曲/アーティストの紹介のみ。

 ちなみに、[Disc-2]で ウィリー・メー・ソーントン が歌っている“Hound dog”は、ロカビリーがロックへと進化する以前の時代に エルヴィス・プレスリー が歌った事で有名な、あの曲である。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

テーマ : ブルース・BLUES
ジャンル : 音楽

Evergreen Jazz - Bossa & Classics

 過去の名曲をジャズ風にアレンジした「evergreen jazz」の企画盤のうち、自分が購入した2枚を紹介しておきたい。   購入記事

 この企画盤は他にあと、「シネマ・ジャズ」、「ビッグバンド&ホーンズ」、「ジャズ・バラード&ピアノ・トリオ」の3つのシリーズ・アルバムがある。
 また、このシリーズはいずれも2015年4月1日に税抜き2000円で発売されている。

V.A. 「Evergreen jazz Latin jazz & Bossa nova」 
オビ:「ラテン、ボサ・ノヴァのジャズ・アレンジの名演をあなたに」

[ Disc - 1 ]
1. オルフェのサンバ  (マンハッタン・ジャズ・クインテット)
2. エスターデ  (グラント・スチュワート)
3. アディオス・ノニーノ  (寺井尚子)
4. ノー・モア・ブルース  (マンハッタン・ジャズ・クインテット)
5. ウェイヴ  (アルトゥーロ・オファリル・トリオ)
6. スペイン  (寺井尚子)
7. フェリシダージ  (グラント・スチュワート)
8. ベサメ・ムーチョ  (デイヴィッド・マシューズ&N.Y.フレンズ)
9. 黒いオルフェ  (アルトゥーロ・オファリル・トリオ)
10. ブルー・ボッサ  (マンハッタン・ジャズ・クインテット)
11. イパネマの娘  (デイヴィッド・マシューズ&N.Y.フレンズ)
12. リベルタンゴ  (寺井尚子)

[ Disc - 2 ]
1. デサフィナード  (トニーニョ・オルタ)
2. 3月の雨  (Chie)
3. サンバがサンバと呼ばれてから  (ヴァレリア・オリヴェイラ)
4. ジンジ  (カミーラ)
5. おいしい水  (トニーニョ・オルタ)
6. 郷愁  (ワンダ・サー)
7. コヒーダ・ヂ・ジャンガーダ  (Chie)
8. メディテーション  (トニーニョ・オルタ)
9. ビリンバウ ~ コンソラソン  (ヴァレリア・オリヴェイラ)
10. ハウ・インセンシティヴ  (カミーラ)
11. 砂の岬  (Chie)
12. あなたなしでは  (ワンダ・サー)
13. 白と黒のポートレート  (トニーニョ・オルタ)
14. ワン・ノート・サンバ  (カミーラ)
15. ヴォセ・アブゾウ  (Chie)
16. 私のためではなく  (ワンダ・サー)
17. イパネマの娘  (トニーニョ・オルタ)
18. トラヴェシーア  (Chie)

 ここで歌っている Chie とは、現在 chie umezawa のステージネームで活動しているシンガーで、ポルトガル語による歌唱が完璧,との事。ボサノヴァ界で有名な セルロ・フォンセカ から絶賛され、アルバム・プロデュースもして貰った。
 点数は、82点


「Evergreen jazz Classical jazz」 
オビ:「クラシックのジャズ・アレンジの名演をあなたに」

[ Disc - 1 ]
1. トッカータとフーガ  (マンハッタン・ジャズ・オーケストラ)
2. プレリュード第4番:ホ短調  (マッコイ・タイナー・スーパー・グループ)
3. 展覧会の絵  (ニルス・ラン・ドーキー、トリオ・モンマルトル)
4. インヴェンション#4  (マンハッタン・ジャズ・オーケストラ)
5. バレエ組曲『くるみ割り人形』のテーマから  (ニルス・ラン・ドーキー、トリオ・モンマルトル)
6. ピアノ協奏曲 第21番ハ長調 K.467『みじかくも美しく燃え』  (ニールス・H・O・ペデルセン feat.リニー・ロスネス)
7. フーガ#2  (マンハッタン・ジャズ・オーケストラ)
8. アランフェス協奏曲第二楽章  (ニルス・ラン・ドーキー、トリオ・モンマルトル)
9. ピアノ・ソナタ第8番:悲愴  (マッコイ・タイナー・スーパー・グループ)
10. メヌエット(ラヴァーズ・コンチェルト)  (マンハッタン・ジャズ・オーケストラ)
11. G線上のアリア  (マンハッタン・ジャズ・オーケストラ)

[ Disc - 2 ]
1. モルダウ  (デイヴィッド・マシューズ&N.Y.フレンズ)
2. 熊蜂の飛行  (ニルス・ラン・ドーキー、トリオ・モンマルトル)
3. プリンセスT ~ 亡き王女のためのパヴァーヌ  (寺井尚子)
4. シチリアーノ  (マンハッタン・ジャズ・オーケストラ)
5. 歌劇『三つのオレンジへの恋』組曲のテーマから  (ニルス・ラン・ドーキー、トリオ・モンマルトル)
6. ピアノ協奏曲第一番 第一楽章のテーマから  (ニルス・ラン・ドーキー、トリオ・モンマルトル)
7. 月の光  (寺井尚子)
8. ラフマニノフ:交響曲第二番より  (デイヴィッド・マシューズ&N.Y.フレンズ)
9. ヴァイオリン協奏曲ニ長調 第一楽章のテーマから  (ニルス・ラン・ドーキー、トリオ・モンマルトル)
10. キリエ  (マンハッタン・ジャズ・オーケストラ)
11. ピアノ協奏曲第二番第三楽章  (ニルス・ラン・ドーキー、トリオ・モンマルトル)
  
 点数は、83点


 いずれの曲も、これまでにどこかで耳にしたような気がする、特に気を衒ったというわけでもないが、清涼感の漂う良い内容。心のクールダウンにもってこい、である。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

テーマ : JAZZ&Classic
ジャンル : 音楽

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。