スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rock from the Night to the Dawn  NIGHT RANGER's 1st(SHM-CD)

 アメリカはカリフォルニア州出身のメロハーバンド、NIGHT RANGER の1st「Dawn patrol」SHM-CD版を購入(注文&到着)し、早速カーステに放り込んでヘヴィロテ状態で聴いた。  購入記事
 同時購入した中には LEPS とか、他にもいろいろとあったけど。

 で、今日(10/17)の時点ではレヴューに回そうと引っ張り出してきている状態で、今では LEPS「Pyromania」がカーステに収まっている。 そんな感じ。 


NIGHT RANGER 「Dawn patrol」 (1983年初盤,2011年SHM-CD版)
 アメリカで最も売れたハードロックバンドの一つに数えられるバンドのデビュー作。
 デビュー当時のメンバーは、ブラッド・ギルス(G, Vo) 、ジェフ・ワトソン(G) 、ジャック・ブレイズ(B, Vo) 、ケリー・キーギー(当時は“キージー”と日本語表記されている)(Ds, Vo) 、アラン“フィッツ”ジェラルド(Key, Vo) という状態であり、このバンドがいかに安定しているかを物語っている。

 強力な押し出しと言えるようなオビの紹介文 ・・・というものは無い。しかし、説明文ならある。

1. Don't you tell me you love me
2. Sing me away
 
3. At night she sleeps
4. Call my name
5. Eddie's comin' out tonight
6. Can't find me a thrill
 
7. Young girl in love
8. Play rough
 
9. Penny
10. Night ranger

 1.に関しては、特別に(Jikki紹介時の)前の記事 を参照に・・・ というか、むしろ自分としてはそっちのカヴァーヴァージョンをプッシュしておきたい。
 “ハード・ポップ”というよりは“メロディック・ハード”と表現する方がしっくりするようなスタイルのコーラス・ロック・バンドである。
 80点。 バンド名をタイトルに掲げた 10.は ・・・・・・個人的には、アルバムの中であまり好きな曲でない。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : メロハー
ジャンル : 音楽

メロハー戦隊・ナイト“レンジャー” のアルバム2枚 「neverland」「greatest hits」

 タイトルは、ずっと以前にB誌の読者投稿コーナーで(ネタとして)使われた、割かし(?)有名なお題から。


 アメリカ出身の、ハード・ポップ というよりは メロハー という方がしっくりと来るようなバンド、NIGHT RANGER のアルバム(うち一枚はベストもの)を。


 某新古書店で何年も前に買っていた。 付き合いの長さは、・・・・確か、6~7年くらいだっけ。


NIGHT RANGER 「Neverland」 (1997年) 
 輸入盤につき、オビなし。

1. Forever all over again   
2. Neverland
3. As alays I remain
4. Someday I will
5. My elusive mind
6. New York time
7. Walk in the future
8. Slap like being born
9. Sunday morning
10. Anything for ou
11. I don't call this love

 78点。 バンドのベストアルバムに入りそうなのは、ヴォーカルメロディという意味では 6.の一曲だけかな。 とにかく、この NIGHT RANGER というバンドの基準に照らし合わせて考えてしまい、この点数に。
・・・・・・もっと一般的な評価のもとで採点すれば、勿論少なくとも3点は確実に上がるけど・・・・・・


「Greatest hits」 (1989年初版,1995年再発)
 1982年デビューから、10年も経たない内に出した、4枚のアルバムから選りすぐったヒット集。
オビ:「アメリカン・ハード・ロックの王者、ナイト・レンジャーの大ヒット・チューンのすべてを収録した強力ベスト・アルバム!」

1. (You can still) Rock in America
2. Sing me away
3. Goodbye
4. When you close your eyes
 
5. Sister christian
6. Don't tell me you love me
7. Sentimental street
 
8. The secret of my success
 
9. Restless kind
10. Four in the morning
11. Eddie's comin' out tonight
12. Rumours in the air

 紹介曲の選曲基準は、個人的趣向により。
 ベスト盤だから「捨て曲なし」というのは当然なのだが、・・・・・とにかく、メロハー界でも非常にすぐれた作品だという事を強調したいけど、そのための気の利いた言葉がなかなか思いつかず・・・。
 85点。  イメージ的には、[ DEF LEPPARD + GOTTHARD×1/2 + VAN HALEN×2/3 ]を、うまく調整したような感じのバンドだと思う。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : メロハー
ジャンル : 音楽

メロハー戦隊の出陣以降の戦績。 - NIGHT RANGER

 NIGHT RANGER の、2nd&3rdアルバムのSHM-CD・1800円版を簡単に紹介しておく ・・・というか、共にリマスターされた上で(めでたく2011年10月に)SHM-CD化している。 (前の NIGHT RANGER 記事でも書いたけど)

 共にオビタタキや説明の文章というのはないが、そういう意味で、非常にコンパクト というか、あっさりとした装填である。


NIGHT RANGER 「Midnight madness」 (1983年初盤,リマスター2002年)
 1st以上のメロディックで非常に完成度の高い洗練されたアルバム。 (として、世界で名高い作品)

1. (You can still) rock in America
2. Rumours in the air
3. Why does love have to change
4. Sister Christian
5. Touch of madness   
6. Passion play
7. When you close your eyes
8. Chippin' away
9. Let him run

 1., 4., 7.のPVが、YT上のナイト・レンジャー公式サイト で公開されている。

 イメージ的に“ポップ”というより“メロディック”という方がしっくり来るような爽快感溢れるハードロック・ナンバーが満載。 90点。 B誌での「再評価」シリーズでも、90点が付けられていた。


「Seven wishes」 (1985年初盤,リマスター2002年)
 前作のプレッシャーを撥ね退けるべく作られた3rd。実際、これも良い作品である。

1. Seven wishes
2. Faces
3. Four in the morning
4. I need a woman
5. Sentimental street
6. This boy needs to rock   
7. I will follow you
8. Interstate love affair
9. Night machine
10. Goodbye
 

 
 81点。 前作と比べて全体的にメロディの高揚感が不足しているように感じた。 ・・・とは言っても、これも勿論メロハーの基準を上回る作品(だと思った)。 前のが良すぎた(メロディの起伏と曲の持つダイナミズムが大き過ぎた)だけの話である。 B誌での「再評価」シリーズでは、84点が付け垂れていた。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : メロハー
ジャンル : 音楽

The Fifth Rangers' Album -NIGHT RANGER「man in motion」

 NIGHT RANGER のSHM-CD第5弾となる5作目のスタジオアルバム「Man in motion」を、紹介しておく。  (購入記事)


NIGHT RANGER 「Man in motion」 (2012年SHM-CD版,1988年初盤)
 5枚目のスタジオアルバム。 オビ というよりも解説的な文章 ・・・というのは、これまでの廉価盤SHM-CDと全く同じパターン。
 本作のリリース後間もなく、キーボードの アラン“フィッツ”ジェラルド がバンドを脱退し、それをきっかけに活動が実質停止の状態へと陥っていく。

1. Man in motion
  
2. Reason to be
3. Don't start thinking (I'm alone tonight)
4. Love shot me down
5. Restless kind *   
6. Halfway to the sun
  
7. Here she comes again
8. Right on you
9. Kiss me where it hurts
  
10. I did it for love *
11. Woman in love

 * の2曲については、サウンドプロダクションは Keith Olsen でなく Brian Foraker & David Cole(co-pro.) となっている。
 LEPSとは異なるコーラスロック・スタイルで、他のUSA出身のバンドの中から類似した音楽性を持つバンドを探すのは非常に難しい ・・・と、このバンドや他の色々なバンドとを聴き比べて、新たに思い知った。

・・・だから、思わず、NIGHT RANGER はヨーロピアン・スタイルにかなり似た所があるなぁ~ などと感じてしまった のだが。。。

 点数は、83点。 スカッとした、ドライな空気が颯爽と駆け抜けていくイメージのあるアップテンポのメロハー・チューンが耳に心地良く感じられる。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : メロハー
ジャンル : 音楽

24弦と打楽器の奏でる、メロディック・アコースティック・ライヴ -NIGHT RANGER「24 strings&drummer」

 NIGHT RANGER によるアコースティック・ライヴ・アルバムを。

 
NIGHT RANGER 「24 strings & drummer - live & acoustic」 (2012年)
  SHM-CD盤(DVDの付いてない版)を購入。  購入記事
オビ:「躍動する生粋のロック・スピリッツ! アメリカンHMの雄、「ナイト・レンジャー」による初のアコースティック・ライヴ・タイトル。2012年5月17日カリフォルニア、サン・ラファエルでのハート・ウォームなパフォーマンスをここにパッケージ化。

1. This boy needs to rock
2. When you close your eyes
3. Sing me away
4. Growin' up in California
5. Secret of my success
6. Sentimental street
7. Four in the morning
8. Let him run / Goodbye
9. Forever all over again
10. Don't tell me you love me
11. Sister Chritian
12. Rock in America
[ Bonus tracks for Japan ]
13. Boys of summer
14. Touch of madness

 
 アコースティックギター&ベースによる生演奏は、正に「心地良い」という言葉の相応しいパフォーマンス。
 以前、TESLA のライヴアルバム(アコースティック・ライヴ + ヨーロッパ・ライヴ) を紹介したが、会場の熱気はそれとかなり似ていると思った。

 点数は、88点。 B誌では、幅さんが87点を付けていた。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : メロハー
ジャンル : 音楽

ブレずにメロハーを続けてます。 - NIGHT RANGER「high road」

 NIGHT RANGER の最新作「High road」を、紹介しておく。   購入記事


NIGHT RANGER 「High road」 (2014年)
 SHM-CD + DVD の盤で購入。
オビ:「ベイエリアからの熱き旋風(かぜ)! Mr.アメリカンHM/HR「ナイト・レンジャー」、「Somewhere in California」に続く待望のニュー・タイトル。絶妙なるアンサンブルが創り出す魅惑のパラダイスが再び! デビュー32周年のキャリアに新たなる時代(とき)を刻む記念すべきスタジオ10作目。

[ SHM-CD ]
1. High road
 
2. Knock knock never stop
3. Rollin' on
4. DOn't live here anymore
5. I'm coming home
6. X generation
7. Only for you only
8. Hang on
9. St. Bartholomew
10. Brothers
( Bonus tracks for Japan )
11. Mountain song
12. Lay on me (live from M3 Rock Festival)

[ DVD ]
―・ High road (video)
―・ Knock knock never stop (video)
―・ The making of high road

 1.では、ジャック・ブレイズ(Jack Blades, Vo/B) の息子である、ミュージシャンの コリン が作曲に参加している。また、コリンの兄弟(ジャックの息子)、ジェイムズ がこのアルバムのエグゼクティヴ・プロデューサーを務めている。 何となく、家族ぐるみでこういう事をするというのは・・・ 他の色々なバンドにもあるけど、本当に、作品を良い方向に進めてくれている,というイメージが定着しつつあるな,と思ってしまった。
 オビで「Mr.アメリカンHM/HR」と紹介されているが、自分としては、いわゆる産業ロック/ポップロックとは少し違うイメージ ≒ あまりアメリカン・テイストのしないバンドだと思うのだが・・・。 例えば、メロハーとか。
 ちなみに、今の所公的に出ている動画は、"High road" の1曲のみ。 "Knock knock ~" は、もうしばらくすれば多分出てくると思う。
 点数は、85点。 B誌ではクロスレヴューされており、広瀬89 - 前田83 - 藤木83 - 幅90 だった。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : HARDROCK
ジャンル : 音楽

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。