スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年の年間上位 ヘヴィメタル・ハードロック(+デス)アルバム。

 既に、去る12月23日にHELLOWEENの最新アルバムと DARK ANGEL の過去最高傑作と名高い作品を買った。これで、今年買う最後のCDである。 ・・・というわけなので、今年に発売され、また今年に購入した作品を総括してピックアップして取上げたい。


先ずは、何と言っても、第1位に輝いた、LAZARUS a.d. である。
 新人という事も含めての評価だが、アルバムを聴きだしたその出だしからのインパクトを含めた、「衝撃度」という意味では、圧倒的なものがあった。 インパクトの意味でも、ブライテスト・ホープとしても、断トツと言っていいほどの作品だった。
 「The onslaught」は、全メタルファンに勧めて構わんと思う。 ・・・まるで、SLAYER の「Hell awaits」&「Raining blood」発表当時みたいなことを言っているようだけど、冷静に考えてみて欲しい。 今では既に、この LAZARUS a.d. というバンドの位置するスラッシュメタルは、激烈音楽の最高峰ではなくなっているのだ。

 「衝撃度」というのは、
 だからこそ、例えば HEAVEN AND HELL の「The devil you know」 や、買ったばかりで個人的には気に入ってる筈のHELLOWEEN「Unarmed」がトップに入れなかった,と説明すれば判るだろうか?

 ちなみに、HR/HM以外のジャンルを含む今年買った約60枚の中で、今年発売となった作品は、18枚。 その中で、他に自分が「おっ!?」と反応したのは、上述の2つ、そして、AMON AMARTH 、そして KREATOR と MEGADETH 、ORIANTHI 。
 また、変な事を言うようだが、LOUDNESS「魂宗久遠」は、これまでに挙げたのとは別の世界で語るべきものだと思っているのだが・・・。

 で、その18枚と、SHM-CDで再販されたもの7枚限定で評価すると、HEAVEN AND HELL と FAIR WARNING の新作それぞれ2つがSHM-CDなので、そういう品質面も更に加味してランキングすると、以下のようになる。

1.LAZARUS a.d. 「The onslaught」
2. FAIR WARNING 「AURA」 (SHM-CD)
3. MEGADETH 「Endgame」

4. HEAVEN AND HELL 「The devil you know」 (SHM-CD)
5. AMON AMARTH 「Twilght of the thundergod」 (CD+DVD)
6. KREATOR 「Hordes of chaos」
7. LOUDNESS 「魂宗久遠」
8. VADER 「Necropolice + to live!」 (CD+DVD)
9. FAIR WARNING 「Brothers' keeper」 (SHM-CD)
10. RAVEN 「Walk thruough the fire」

Kim Kyungho 「Chapter Zero」が洩れたのは、トップ10の一部には“オマケつき”のものがある為、それで点数が上乗せされた為。更に言えば、これは元々収録曲数が少ないミニアルバムなので、実は SEX MACHINEGUN や 人間椅子 よりも評価が下だったり・・・
 ORIANTHI 「Believe」なんてのもあったけど、まぁ次点ということで(オイ) ・・・あと、(自分としては)忘れてならないのが、HELLOWEEN 「Unarmed」だけど・・・ これは、既にメタルと違っているから。。。。。
 ARCH ENERMY の「The root of all evil」も良いと思ったけど、これも「取り敢えず、次点!」ということで、よろしく!(爆)
 MEGADETH は、純粋に楽曲構成が良かったと思っている。

 ・・・・・・・・・まあ、他にも、今年買ったもので言えば EXODUS「Let there be blood」&「Bonded by blood」(COMBAT remaster) とか、リマスターシリーズの色んな旧作、発売が去年だったりしたものとかがあったし・・・
 その中で、AMBERIAN DAWN 「River of tuoni」や SADIST 「Season of mist」(2007)、KEITH EMERSON BAND feat. MARC BONILLA 、LEPPs とか旧スラッシュ勢なんかは良かったけど。 他には、「The best of Cozy Powell」(1997年初版、SHM-CDで2008年に発表)も中々良かったと思う。

 確実に「いらねえ!」と思ったのは、リッパーの「Play my game」だけ。 物凄い期待が、完全に裏切られた。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

2009年ベストチューン・発表

 タイトルの通り、まだ2009年のベストチューンを選出していなかったので、1/1(今日)中にやって
しまおう,と思い立つ。


 で、先ずは、2009年内に買ったものの中で、2009年に“新たに”発表されたCDのリストを羅列することに。

AMON AMARTH 「Twilight of the thundergod」 (CD+DVD版)
ARCH ENERMY 「The Root of all evil」
EXODUS 「Let there be blood」 (ある意味違うかも?)
FAIR WARNING 「Aura」 (shm-cd)
HEAVEN AND HELL 「The devil you know」 (shm-cd)
HEAVENLY 「Carpe diem」
HELLOWEEN 「Unarmed」
KREATOR 「Hordes of chaos」
キム・ギョンホ(Kim Kyungho) 「Chapter zero」
LAZARUS a.d. 「The onslaught」 ※ 現在、再び車でHeavyRotation中!
LOUDNESS 「The everlasting -魂宗久遠-」
MEGADETH 「Endgame」
人間椅子 「未来浪漫派」(特典CD付き)
ORIANTHI 「Believe」 (輸入版に付き、2009年)
RAVEN 「Walk through fire」
SEX MACHINEGUNS 「45°」
Tim"ripper"Owens 「Play my game」 * 駄作に付き、即行ベスト選から外す事決定
VADER [Neropolis+to live!!!」 CD+DVD

※ 当然、今回選ぶのは、↑の中からだけなので、あしからず。


2009年に出た再発版(リマスターなどの復刻)
rCMP とあるのは、リマスター版コンバット・マスターピース(remaster version, COMBAT MASTERPIECE)のシリーズ。

AMON AMARTH 「Once sent from golden hall」(1st,remaster版)
CARCASS 「Symphonies of sickness」 (CD+DVD special)
    (註:1st&2ndは、2008年の3rd?5thに遅れ、2009年に発売)
CYCLONE TEMPLE 「I hate therefore I am」 rCMP
DARK ANGEL 「Time does not heal」 rCMP
DEATH 「Scream bloody gore」 rCMP
EXODUS 「Bonded by blood」 rCMP
FAIR WARNING 「Brothers' keeper」 shm-cd
FORBIDDEN 「Twisted into form」 rCMP
GOTTHARD 「D frosted」 shm-cd 
HEATHEN 「Breaking the silence」 rCMP
RAVEN 「wiped out」 shm-cd
     「all for one」 shm-cd
     「Nothing exceeds like excess」 rCMP


番外 その1
TEAM jdk 「Ys Ⅰ&Ⅱ Best sound collection」
    + 「Ys Ⅰ&Ⅱ Chronicles Original sound track mini」 [←bonus disc]
(この2CDの付録は、ファルコム通販特典版の「イース Ⅰ&Ⅱ Chronicles PSP版」)(爆)
「イース・ミュージックヒストリー」*「Ys SEVEN original soundtrack mini」
    +ドラマCD「イース7プロローグ ?綴られざる冒険譚」
(オマケとして、「英雄伝説7極秘設定資料集」と、あとPSP版イース7付き。また、* はこの商品をファルコム通販で購入した時に、更なる豪華特典として(以下略))
 苦情の類は、一切受け付けませんのでwwwwww
妖精帝國 「彩の無い世界」(黒神 the animation -soundtracks)




番外 その2
某D社出版・隔週刊クール・ジャズ・コレクション23~48号
(以下6作、ビデオアーツ・ミュージック25周年企画“Hear The Music”1000円シリーズ)
MANHATTAN JAZZ ORCHESTRA 「Bach 2000」
寺井尚子 「all for you」, 「live」, 「pure moment」, 「thinking of you」,「Princess T」


   考察・結果発表は、以下に。

続きを読む

テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

2010年の総括を、してみたい(メタルミュージック編)

 旧年の総括を兼ねて、昨年度ベストのアルバム(HR/HM系)選出をしたいとも思いつつ、年末年始と若干体調が崩れ気味の中仕事がずっと続いていて、お陰で結局ラグビーもアメフトも試合を録に観れず、せいぜいダイジェスト版しか観れない

・・・・・・・・・・・・という状態で、勿論アニメの方も年末間近の最終回とか一部を未だに観ていない という現状もある の だ が・・・・・・

閑話休題。
新年明けましておめでとうございます。   (今年になってから初めての記事なので)


 何にしても、今現在書き上げてる分の記事を早めに出しておこうかな?

 と思ったので、今書き上げている分を、(既にかなりの長文となっているので)出しておきます。 

 しっかしやな~~~~~~、今年一番のアルバム に、それぞれ別のスタイルの音楽を全部含めてその中から、選ぶなんて ・・・・・・・・・実質不可能じゃないのか? と正直思ってしまった。


 例えば、ハードロック/メロハー系。
 例えば、正統派ヘヴィメタル系。
 例えば、パワーメタル系。
 例えば、特に2009~2010年のあたりで言えば、スラッシュ系。 そこから細かく分けていけば、デスラッシュというジャンルもあるし・・・
・・・・・・・・・それ以外にも、デスメタル系でも、メロデスやシンフォ・デス、プログレタイプ など、様々なジャンルのバンドがいるし・・・・・・・・・。

 そんな、非常に多岐に亘るアルバムを沢山買ってきてたので、「今年最高のアルバム」というのを選出するのは、非常に難しい。

 とりあえず、旧年中に買ったアルバムを、HR/HM系限定で、買った(届いた)順番で挙げて行く と、

DRAGONFORCE 「Valley of trhe damned -deluxe」 「Sonic firestorm -deluxe」
AGENT STEEL 「Sceptic apocalypse」 「Unstoppable force + mad locust rising」
DARK FUNERAL 「Angelus exuro pro eternus」 #
EXODUS 「Pleasures of flesh」
Yngwie Malmsteen 「Trial by fire : live in Leninglad」(DVD)(廉価版として2010年発行)
DEF LEPPARD 「Best of the videos」

MEGADETH 「狂乱の歴史 ~グレイテスト・ヒッツ」 「Capitol punishment(the MEGADETH years)」
HANOI ROCKS 「Two steps from the move」
OVERKILL 「Ironbound」 #
DEF LEPPARD 「CMC crossroads」(テイラー・スウィフトとの共演ライヴDVD)#  「High & dry」 & 「Retroactive」(共にSHM-CD)
NECRODEATH 「Draculea」 「Phylogenesis」
KAMELOT 「The fourth legacy」
TNT 「Intuition」(SHM-CD)
ELIS 「Griefshire」
DIO 「Diamonds -best of DIO」(SHM-CD)
RAINBOW 「Final vinyl」(SHM-CD)
KALMAH 「For the revolution」(SHM-CD)
TANKARD 「Chemical invasion + The mourning after」
GAMA BOMB 「Tales from the grave in space」 #

TERRORIZOR 「World downfall」
SCORPIONS 「Live bites」(SHM-CD)
PANTERA 「Reinventing the steel」
LORD BELIAL 「Seal of belial」 「Revelation -the 7th seal」 「The black curse」
ALDIOUS 「Defended desire」 #(シングル)
FAIR WARING 「4」(SHM-CD)
SACRIFICE 「The ones I condemn」 #
SONATA ARCTICA 「The days of greys」(SHM-CD)
ARCH ENEMY 「Dead eyes see no future」 #(企画版)
DEF LEPPARD 「Euphoria」(SHM-CD)
YYRKOON 「Occult medicine」 「Unhealthy opera」
EMERSON, LAKE & POWELL 「Emerson, Lake & Powell +2」
SLAUGHTER 「The best of SLAUGHTER」
SCORPIONS 「蠍伝説 ~スコーピオンズ・ベスト」(SHM-CD)
ANVIL 「アンヴィル! ~夢を諦めきれない男たち」(最新CD付きDVD) #
HAMMERFALL 「No sacrifice, no victory」(SHM-CD)
OBSCURA 「Retribution」
MUTINY WITHIN 「Mutiny within」 #
BLACK SABBATH 「Live evil」(SHM-CD)
NEGLECTED FIELDS 「Splenetic」
DRAGON GUARDIAN 「真実の石碑」 #
ACCEPT 「I'm a rebel」(SHM-CD)
ENEMY OF THE SUN 「Caedium」 #
DIO 「Holy diver」 (廉価版として2010年発行)
RHAPSODY OF FIRE 「The magic of the wizard's dream」
DISSECTION 「Somberlain」
ACCEPT 「Blood of the nations」# 「Breaker」
DEFLESHED 「Royal straight flesh」
GRAVE DIGGER 「25 to live」
ANCIENT MYTH 「Aurora」(シングル)
KEEP OF KALESSIN 「Reptilian」 #
(v.a.) 「トリビュート・トゥ・聖飢魔Ⅱ -悪魔との契約書」 #
RHAPSODY OF FIRE 「The frozen tears of angels」 #
DEW-SCENTED 「Invocation」 #
Steve Vai 「Original album classics」(5枚組、説明書の類一切なしの輸入盤)
MARCIFUL FATE 「Melissa」
SADIST 「Season in silence」 #
RAYFLOWER 「Flower language」 #(国内のメロハー系バンドで、アニメ「裏切りは僕の名を知っている」のOP・EDソング提供をきっかけにデビュー。ミニアルバム)
PANTERA 「Cowboys from hell : deluxe edition」 #
LORD BELIAL 「Nocturnal beast」
キム・ギョンホ 「Best & live」 (VideoCD仕様)
KREATOR 「Hordes of chaos : Ultra riot」(特別構成再発版)
PRIMAL FEAR 「Live in USA / 16.6 live around the world」(輸入盤 CD + DVD) #
JORN 「Dio」 #
ANCIENT MYTH 「Astrolabe in your heart」 #
GALNERYUS 「Resurrection」 #

FIREWIND 「Days of defiance」 #
DISSECTION 「Storm of the lights bane」
Rie a.k.a.SUZAKU 「Messiah」 #
ANDY'S 「Andy's」

AMBERIAN DAWN 「End of eden」 #
(v.a. of FRONTIER RECORDS) 「Power ballads compilation vol.1」 #
MERCIFUL FATE 「The best of ~」
David Garrett 「Rock sympnonies : deluxe edition」
HEAVEN AND HELL 「Neon nights ~live at Wacken」 (DVD) #
GRAVE DIGGER 「Clans will rise again」 # 「Knights of the cross」
MANIGANCE 「Memoires ...live!」
ALDIOUS 「Deep exceed」 #
SODOM 「Sodom」
CRYPTOPSY 「None so vile」
人間椅子 「疾風怒濤 ~人間椅子ライヴ! ライヴ!!」(CD + DVD) # 「修羅囃子」 「二十周年ベスト盤」
CRYPTOPSY 「The unspoken king」
STRATOVARIUS 「Fright night」
PARAGON 「Revenge」
IMMORTAL SENSE 「Call it anything」 #
CODE RED 「Wolves of warfield 」#

THE MAN-EATING TREE 「Vine」 #
(Joe Elliott's) DOWN'N'OUTZ 「My regeneration」 #
KING DIAMOND 「Best of KING DIAMOND」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・ むう、@TOWER で買った分だけでも、これだけあるのか~~~・・・

 更にここに、「1000円生活」にかこつけたセールスにまんまと引っ掛かって数点、
DRAGONFORCE 「Inhuman rampage」
WHITESNAKE 「The best of ~」
ACCEPT 「Staying a life」(大体、2枚組で1000円なんて安過ぎると思う)

 1000円以外で、要は普通に原価で買ってた分が ↓
HELLYEAH 「Stampede」 #
MEGADETH 「Rust in peace live in L.A.」 (DVD)#
CRYSTAL VIPER 「Legends」 #
MR.BIG 「What if...」 #
SYMPHONITY 「Voices from the silence」
RAGE 「Strings to a web」 #
(上と同様、最近の購入が一番下、以下同文)

メタル系の充実してない店で(他のCDが本来の目的だったのに)購入したのは、
BALANCE OF POWER 「Heathenology」(CD + DVD)
CONCERTO MOON 「Angel of chaos」 # 「Fragments of the moon」
NEVERMORE 「Obsidian conspiracy」
NAPALM DEATH 「世界平和を願う。 (Time waits for no slave)」
POISONBLACK 「Lust stained despair」
CORNERSTONE 「Human stain」
AMORPHIS 「Magic and mayhem」 #
MORBID ANGEL 「Covenant」


別のショップで注文した分で、
STREET TALK 「Restration」
DISMEMBER 「Hate campaign」
OVERKILL 「Fuck you and then some」
NECRODEATH 「Mater of all evil」 「Ton(e)s of hate」 「Black as pitch」

(※ 色分けは、デス/ブラック/グラインドコアデスラッシュスラッシュメロ/プログレ・デス,そして国内 そして、太字は DVD 又は DVD付 としています)
・・・・・・・・・レシートで確認しただけで、これだけあった ・・・・・・というわけでなく、HELLYEAH と MEGADETHライヴDVD(+SHM-CD) は、レシートを紛失した(というか、棄てていた)
 ここで紹介しなかった、某新古書店で買った約10点や、アニメDVDやジャズ/フュージョン系を足すと、使った金もさることながらその量も膨大だな~~と、自分に呆れてしまう。 ・・・反省材料とすべく、敢えてこのメモを残しておきたい。

・・・・・・・・・なんか、予定数の倍以上を買い込んでしまった気がするんだけど(←オイ)

 果たしてこれが、反省材料として機能するかは別問題だが!!!(爆)



 とにかく、 # の付いているのが旧年(2010年)中に発売された“新譜”である。
 これらのうちで、私の印象に残ったりリピート回数が高い(=トップにノミネートされた)ものは、
OVERKILL , SACRIFICE , MUTINY WITHIN , ACCEPT , 聖飢魔Ⅱトリビュート , DEW-SCENTED , SADIST , GALNERYUS , FIREWIND , 人間椅子(ライヴCD) , THE MAN-EATING TREE , DOWN'N'OUTZ , RAGE

・・・・・・・・・となり、ここから選んでみると、OVERKILL , ACCEPT , SADIST , FIREWIND ・・・となった。 尤も、DOWN'N'OUTZ , THE MAN-EATING TREE と RAGE の3作品は、買うのが遅すぎる分、選から漏れ易かっただけで、買う時期さえもっと早ければ・・・・・・っっっ!!! という気持ちは勿論ある。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・もういい。 とりあえず、中々決めれないので・・・・・・

 スラッシュ・パワー部門 → OVERKILL 「Ironbound」
 デス系ヴォイスの付いた音楽部門 → SADIST 「Season in silence」
 HM部門 → FIREWIND 「Days of defiance」
 HRスタイル部門 → DOWN'N'OUTZ 「My regeneration」
 DVD(ライヴ)部門 → HEAVEN AND HELL 「Neon nights」 (※ 但し僅差で 人間椅子 「疾風怒濤 ライヴ! ライヴ!!」 ・・・というか、もう MEGADETH のとも殆ど差は無いし)


・・・・・・と、しておきたい。 これ以上細かく分けても、何だし。。。 (まあ、SADIST を内包する部門の分け方は流石に、「物凄くいい加減だ」と自覚してるけどw)

 とりあえず、

 最優秀新人バンド(アーティスト)部門 → MUTINY WITHIN
 期待したい新人部門 → ALDIOUS (僅差で ANCIENT MYTH )


と、しておいて、他の旧年中ベスト/トップランク入り のミュージシャンとかは、別の記事で出しておこうと思う・・・・・・

 他にも、もっと期待したい意味では、キム・ギョンホ や DRAGON GUARDIAN 、Rie a.k.a.SUZAKU のあたりも、プッシュしておきたい というか、目を離さずにしときたいし・・・

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村


 蛇足ながら(そうか?)付け足しておくと、

Powerworld 「Human Parasite」
Arsis 「Starve For The Devil」

・・・・・・・・・この2つが、2010年発表作品の中で、現在注文状態にあってまだ自分の手元に来てないアルバム。

 この2つだけをとっても、ジャンルが、ものの見事にバラバラだぁ~~~・・・wwwwww



 そうそう、ちなみに購入枚数まではきちんと数えておりません、念のためあしからず。

テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

今年買った音楽CDの記録を。(2011年ベスト選出に向けて)

 今年・2011年中に買った音楽CDを、「今年のベスト」選出に向けてリストアップしておく。(多過ぎるので、今回はデータの羅列だけにしておく)

 黒字は2011年発表アルバム焦げ茶は去年2010年に発表した新譜アルバム、青は2011年にリマスターやSHM-CDなどの形で再発されたものである。 


● メロディック/プログレッシヴ・HR/HM部門
ARRYAN PATH : 「Terra incognita」
BLACK SABBATH : 「Seventh star」, 「Eternal idol」(shm-cd) & 「Best of DIO years」
BRAZEN ABBOT : 「My resurrection」, 「Decade of BRAZEN ABBOT live」
CAMEL : 「The best of CAMEL」(shm-cd)
CIRCLE II CIRCLE : 「Consequence of Power」 & 「Delusions of grandeur -limited edition」
CYNIC : 「Carbon based anatomy + re-traced」
DESDEMON : 「Through the gates」
Emerson, Lake & Powell : 「The sprocket sessions」
Emerson, Lake & Palmer : 「EL & P ベスト」 (SHM-CD)
EPICA : 「Design your universe」
FAITHEALER : 「Welcome to the age of the world」
GIUNTINI PROJECT 「Ⅲ」
GOTTHARD : 「Dial hard」(SHM-CD), 「Homerun」, 「Heaven (best of ballad pt.2)」 & 「Homegrown - alive in Lugano」[CD+DVD](特典付)
GUNS N'ROSES : 「Appetite For Destruction」
HALFORD : 「Made of metal」
HAMMERFALL : 「Glory to the brave」 (deluxe edition), 「Masterpieces」 & 「Infected」
HELLOWEEN : 「7 sinners」, 「Keeper Of The 7 Keys: The Legacy 」 & 「The keepers of Jericho -A tribute to HELLOWEEN Ⅱ」
HELL : 「Human remains」
IMPELLITTERI : 「The very best of IMPELLITTERI ~光速伝説」,「Grin and bear it」,「Crunch」 & 「System X」(victor metal ¥1500 series)
Iommi & Hughes : 「Fused」
IRON MAIDEN : 「The number of the beast」, 「Piece of mind」, 「Seventh son of a seventh son」 & 「The final frontier」
ISSA : 「Sign of angels」 & 「The storm」
JOURNEY : 「Open arms ~greatest hits」
THE PSYCHICS : 「Second sight」
NIGHT RANGER : 「Dawn patrol」, 「Midnight madness」 & 「Seven wishes」(SHM-CD)
MANIGANCE :「Recideve」
Luca Turilli : 「King of Nordic twilight」
LEAVE'S EYES : 「Njord」 & 「Meredead」
MORTON : 「Come read the words forbidden」
NOCTURNAL RITES : 「Shadowland」
POWERWORLD: 「Human parasite」
QUEEN : 「Greatest hits」 & 「Greatest hits Ⅱ」 (共にSHM-CD)
Ralf Scheepers : 「Scheepers」
RHAPSODY OF FIRE : 「Live in Canada 2005 - the dark secret」, 「Symphony of enchanted lands Ⅱ ~the dark secret」 & 「From chaos to eternity」
RAINBOW : 「Very Best Of Rainbow」
RIOT : 「Thundersteel」, 「Greatest hits '78 - '90」 & 「Immortal soul」
SARGANT FURY : 「Do you remember」(3CD-set)
STORMWARRIOR : 「Heathen warrior」
STRATOVARIUS : 「Twilight time」 & 「Dreamspace」 (SHM-CD)
STREET TALK : 「Five」 & 「Transition」
SYMPHONY X : 「Iconoclast」
THRESHOLD : 「Paradox(the single collection)」, 「Critical energy」(DVD+CD version), 「Wireless」(acoustic session album) & 「Dead reckoning」
TURISAS : 「Stand up and fight」
YES : 「Wondrous Stories : The Very Best of Yes」


● ややポップス系より
Avril Lavigne : 「The best damn thing」
BOSTON : 「Greatest hits」
CHICAGO : 「The ultimate collection」
CRIMSON GLORY : 「Transcendence」
Daize Shayne : 「Live your dreams」
FREAK KITCHEN : 「Organic」 「Land Of The Freaks」
Gary Moore : 「The Essential Montreux」 (5SHM-CD+CD・<初回生産限定盤> )
Gary Moore's G-FORCE : 「G-Force」
Greg Lake & Gary Moore : 「Manouvers」 (SHM-CD)

LOST PROPHETS : 「The betrayed」
TERRA NOVA : 「best of + 5」

● パワーメタル系部門
CONTROL DENIED : 「The fragile art of existence」
GRAVE DIGGER : 「Liberty & death」
ICED EARTH :「Something wicked this way comes」,「The crucible man - something wicked pt.2」 & 「Dystopia」
MANOWAR : 「Sign of the hammer」, 「Battle hymns 2011」
U.D.O. : 「Dominator」 & 「Rev-Raptor」
SINNER : 「Danger zone / Touch of sin」, 「Mask Of Sanity」 & 「One bullet left」
TERÄSBETONI : 「Metallitotuus」, 「Vaadimme metallia」 & 「Maailma tarvitsee sankareita」
VICIOUS RUMORS : 「Razorback killers」


● ややブルース寄りの感があるHR系
DEF LEPPARD : 「Adrenalize」, 「Hysteria」, 「Mirror ball[2CD+DVD](初回限定盤、特典付き)」, 「Pyromania」 (全て SHM-CD)
DEREK AND THE DOMINOS : 「Layla」(shm-cd)
Gary Moore : 「The best of the blues」
GREAT WHITE : 「白鮫伝説 ~グレイテスト・ヒッツ」
HYDROGYN : 「Bombshell」
TESLA : 「Real to reel」, 「Real to reel 2」「Forever more」 & 「Alive in Europe」
TOTO : 「Africa: the best of TOTO」


● ダーク/メランコリック/アトモスフェリック
ALCEST : 「Le secret」
DARK LUNACY : 「Weaver of forgotten」

DARKSEED : 「Spellcraft」
KING DIAMOND : 「Abigail」,「Abigail Ⅱ(The revenge)」,「Them」 & 「Conspiracy」
KURSK (КУРСК) : 「Cherno (Черно)」 & 「Nizhe (Ниже)」
MAN-EATING TREE : 「Harvest」
PAGAN'S MIND : 「Live equation」(CD + DVD) & 「Heavenly ecstasy」


● スラッシュメタル・ジャンル(+デスラッシュ)
ANNIHILATOR : 「Metal」
ANVIL : 「Metal on metal」 & 「Juggernaut of jusice」(国内盤)
ARTAS : 「Riotology」
ARTILLERY : 「Terror squad」,「By inheritance」& 「My blood」
DEKAPITATOR : 「We wil destroy... you will obey!」
DEMIRICOUS : 「one」 & 「Two (poverty)」
DESTRUCTION : 「Sentence of death + Infernal overkill」 & 「Day of reckoning」
DEW-SCENTED: 「Incinerate」+「Issue Ⅵ」+「Inwards」(2010年再発)
EVILE : 「Infected nations :special limited edition」 & 「Five serpent's teeth」
FLOTSAM AND JETSAM : 「Once in a deathtime」(CD+DVD), 「Drift」 & 「The cold」
FORBIDDEN : 「Omega wave」
EXCITER : 「Heavy Metal Maniac」, 「Thrash speed burn」, 「Kill after kill」, 「Better Live Than Dead」 & 「Death machine」
KREATOR : 「Violent revolution」 & 「Live Kreation」
LAZARUS a.d. : 「Black rivers flow」
OVERKILL : 「Immortalis」
RAVEN : 「Live at inferno」
RAZOR : 「Malicious intent」 & 「Violent restitution」
REVOCATION : 「Existence is futile」 & 「Chaos of forms」
SLAYER : 「Live undead」, 「Hell awaits」(SHM-CD) & 「World painted blood」
SODOM : 「Agent orange」 & 「In war and pieces」
SUICIDAL ANGELS : 「Dead again」
TANKARD : 「Zombie attack」, 「Two faced」, 「Fat, ugly and live」, 「The Very Best Of Tankard : Hair Of The Dog」, 「Meaning of life/Alien」, 「Stone cold sober」 & 「Volume ⅩⅣ」
TESTAMENT : 「The legacy」,「The new order」, 「The ritual」 & 「Low」(shm-cd)
WARBRINGER : 「Waking into nightmares」


● 「デス声付きジャンル(?) 結構幅広い音楽性」
AMARANTHE : 「Amaranthe」(SHM-CD)
AMON AMARTH : 「Surtur rising」 (CD+DVD)
AMORAL : 「Show your colors」
AMORPHIS「Magic and mayhem」 & 「Tales from the thousand lakes」
ARCH ENEMY : 「Doomsday machine」(SHM-CD), 「Khaos legions」
ARKONA : 「Goi rode goi!」, 「Ot serdca k nebu」 & 「Slovo」
ARSIS:: 「A Celebration of Guilt : Deluxe Edition」 & 「Starve for the devil」
BOREALIS : 「Fall from grace」
CHILDREN OF BODOM : 「Relentless, reckless forever」
CRADLE OF FILTH : 「The principle of evil made flesh」 & 「Midian」
DECAPITATED : 「Organic Hallucinosis」 & 「Carnival Is Forever」
DIMMU BORGIR : 「In sorte diaboli」
DISMEMBER : 「The god that never was」「Where ironcrosses grow」「Hate campaign」
ETERNAL TEARS OF SORROW : 「A virgin and a whore」
EXHUMED : 「All guts, no glory」
FATE : 「Vultures」
FLESHGOD APOCALYPSE : 「Agony」
IMMORTAL : 「All shall fall」
KING OF ASGARD : 「Fi'mbulvntr (邦題:大いなる冬)」
MERCENARY : 「Metamorphosis」
MORBID ANGEL : 「Blessed are the sick」, 「Domination」, 「Entangled in chaos」, 「Heretic」 & 「Illud Divinum Insanus」
NAGLFAR : 「Pariah」 & 「Ex inferis」
NORTHER : 「Circle regenerated」
OBSCURA :「Cosmo genesis」 & 「Omnivium」
SEPTICFLESH : 「Communion」, 「The great mass」
SUIDAKRA : 「Crógacht」 & 「Book of dowth」
UNLEASHED : 「Midvinterblot」,「Hammer battalion」, 「Viking raids: The best of UNLEASHED」 & 「Sworn Allegiance」, 「As Yggdrasil Trembles」
VADER : 「XXV」 [2CD+DVD] & 「Welcome to the morbid reich」
MISERATION : 「The mirroring shadow」


● HR/HMインスト物
Patrick Rondat : 「Rape of the earth」


● 日本国内+韓国 (日韓両国限定)
ALDIOUS : 「Determination」 (CD+DVD限定盤・特典付き)
ANTHEM : 「Domestic booty」(完全限定プレスSHM-CD版) 「Heraldic device」
BELLFAST : 「Insula sacra」
CONCERTO MOON : 「Destruction and creation」, 「Live for today, Hope for tomorrow~Takashi Inoue Last Performance In Concerto Moon~(限定盤)」 & 「Savior never cry」 (初回限定CD+DVD盤)
DEFILED : 「In crisis」
DRAGON GUARDIAN : 「聖邪のドラゴン」 + 「Destiny Of The Sacred Kingdom」
EXIST † TRACE : 「The last daybreak」(CD+DVD・初回限定盤)
GANGLION : 「Returns to you」
Jikki : 「Pop Metal Guitar Venus」

梶山 章 : 「Early days」 & 「Early days Ⅱ」
キム・ギョンホ : 「Unlimited : Vol.8」 & 「Alive : Vol.9.5」
KIX-S : 「Sunrise」
森川美穂 : 「ゴールデン☆ベスト 森川美穂」
人間椅子 : 「此岸礼讃」
小野正利 : 「The voice - Stand proud!」

SABER TIGER : 「Indignation」, 「Decisive」 & 「Paragraph 4(2CD+DVD) 」
Shu: 「Crying stars ~ Stand proud!」
SHOW-YA : 「ゴールデン☆ベスト」 & 「Masquerade show」
SEED : 「Origin of seed」
柴田直人 : 「スタンド・プラウド! 2」
Sincerity Green : 「The Ocean Of Dreams」
UNITED : 「30th anniversary complete box」, 「N.O.I.Q.」, 「Reload」, 「Distorted vision」 & 「Tear of illusions」

V.A. : 「SAMURAI METAL volume Ⅵ」


● 何にしても、とりあえず「企画盤」
ANIMETAL USA : 「アニメタルUSA」
Markus Grosskof's BASSINVADER : 「HellBaseBeaters」
NORTHERN KINGS : 「Reborn」「Rethroned」
リック・アーンスト & Various Artists: 「スラッシュ・メタル/攻撃とスピードの暴虐史」
V.A. : 「Dragon attack -a tribute to QUEEN」
V.A. : 「Metal massacre」 Vol.1 ,Vol.2 , Vol.5 & Vol.13 & 「Metal powers 1」
V.A. : 「ワン・フォー・オール,オール・フォー・ワン~東日本大震災チャリティ・アルバム」


 その他、ジャズとか他のジャンルは、以下に隠し記事の形として書き連ねておく。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

続きを読む

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

2012年初記事。 (去年のベストアルバムとか)

 むぅ、いつの間にか新年が明けたか・・・ しかし、皆様、おめでとう ・・・というのは、あまり言わないかなーみんな。 今日は、沢山色々な所の掃除をしてしまったなぁ~・・・(ついでに買い物も色々としてしまった)

 祝えるようなことは特に無いだろう,とも思うけど、やはり、「東北 ・・・だけと言わず、日本全国の皆様、寒中見舞い並びに今後の殊勝・健闘を祈願申し上げます。」とだけは言っておきたい。


 話は打って変って。



 2011年中の発売アルバムの中からベストを選びたい。ついでに言うと、その記事を今年初めての記事として出しておきたい。
 自分が(それなりに)厳選して買った今年発表されたアルバムを、改めて前の記事から抜き出して紹介しておきたい。

ALDIOUS : 「Determination」 (CD+DVD)
AMARANTHE : 「Amaranthe」(SHM-CD)
AMON AMARTH : 「Surtur rising」
ANIMETAL USA : 「アニメタルUSA」 
ANTHEM : 「Heraldic device」

ANVIL : 「Juggernaut of jusice」
ARCH ENEMY : 「Khaos legions」
ARKONA : 「Slovo」
ARRYAN PATH : 「Terra incognita」

ARTAS : 「Riotology」
ARTILLERY : 「My blood」
BOREALIS : 「Fall from grace」
CHILDREN OF BODOM : 「Relentless, reckless forever」
CHICAGO : 「The ultimate collection」
CONCERTO MOON : 「Live for today, Hope for tomorrow~Takashi Inoue Last Performance In Concerto Moon~(限定盤)」 & 「Savior never cry」
CYNIC : 「Carbon based anatomy + re-traced」
DARK LUNACY : 「Weaver of forgotten」
DECAPITATED : 「Carnival Is Forever」
DEFILED : 「In crisis」
DEF LEPPARD : 「Mirror ball」(CD + DVD)

DESDEMON : 「Through the gates」
DESTRUCTION : 「Day of reckoning」
DRAGON GUARDIAN : 「Destiny Of The Sacred Kingdom」
EVILE : 「Five serpent's teeth」
EXIST † TRACE : 「The last daybreak」(CD+DVD・初回限定盤)

EXHUMED : 「All guts, no glory」
FLESHGOD APOCALYPSE : 「Agony」
FLOTSAM AND JETSAM : 「The cold」
FORBIDDEN : 「Omega wave」
GANGLION : 「Returns to you」
GOTTHARD : 「Homegrown - alive in Lugano」(DC+DVD)

HAMMERFALL : 「Infected」
HELL : 「Human remains」
ICED EARTH : 「Dystopia」
Jikki : 「Pop Metal Guitar Venus」
KURSK (КУРСК) : 「Nizhe (Ниже)」
KING OF ASGARD : 「Fi'mbulvntr (邦題:大いなる冬)」
LAZARUS a.d. : 「Black rivers flow」
LEAVE'S EYES : 「Meredead」
MAN-EATING TREE : 「Harvest」
MANIGANCE :「Recideve」

MERCENARY : 「Metamorphosis」
MORBID ANGEL : 「Illud Divinum Insanus」
MORTON : 「Come read the words forbidden」
人間椅子 : 「此岸礼讃」

NORTHER : 「Circle regenerated」
小野正利 : 「The voice - Stand proud!」
OBSCURA :「Omnivium」
PAGAN'S MIND : 「Heavenly ecstasy」

Ralf Scheepers : 「Scheepers」
REVOCATION : 「Chaos of forms」
RHAPSODY OF FIRE : 「From chaos to eternity」
RIOT : 「Immortal soul」
SABER TIGER : 「Decisive」 & 「Paragraph 4(2CD+DVD) 」
SEPTICFLESH : 「The great mass」
STORMWARRIOR : 「Heathen warrior」
SUIDAKRA : 「Book of dowth」
TANKARD : 「Volume ⅩⅣ」
TURISAS : 「Stand up and fight」
U.D.O. : 「Rev-Raptor」
UNITED : 「30th anniversary complete box」& 「Tear of illusions」
UNLEASHED : 「As Yggdrasil Trembles」
VADER : 「Welcome to the morbid reich」
VICIOUS RUMORS : 「Razorback killers」
YES : 「Wondrous Stories : The Very Best of Yes」
V.A. : 「ワン・フォー・オール,オール・フォー・ワン~東日本大震災チャリティ・アルバム」

 これらの中からどれを選ぼうか、迷うまでもなく、 ・・・というのは言い過ぎかもしれないが、ICED EARTH の「Dystopia」が最も優れた作品だったと思う
 というのは、「Dystopia」アルバム一枚分をしっかりと通して聴き終えた時に、「これが今年で最高のアルバムだな!」と、ふと感じてしまったからである。 SYMPHONY X は、聴いていて確かに圧倒されはしたが、「今年のアルバムのトップ10には入るな。」と思った程度であり、例えば3位以内とか5位以内とかいう発想は湧かなかったから。

 他に、よく印象に残っているのは・・・ 今年に入ってようやく初めて耳にした UNLEASHED の最新アルバム「As Yggdrasil Trembles」 、それ以外では STORMWARRIOR「Heathen warrior」 、OBSCURA「Omnivium」 、PAGAN'S MIND「Heavenly ecstasy」 、ARCH ENEMY「Khaos legions」 、DEFILED「In crisis」 、EVILE「Five serpent's teeth」 、ANTHEM「Heraldic device」 、EXIST † TRACE「The last daybreak」 、ARKONA「Slovo」 、ARRYAN PATH「Terra incognita」 、Ralf Scheepers「Scheepers」 、REVOCATION「Chaos of forms」 、RHAPSODY OF FIRE「From chaos to eternity」 、TANKARD「Volume ⅩⅣ」 、RIOT「Immortal soul」 、MANIGANCE「Recideve」 、MERCENARY「Metamorphosis」 、SABER TIGER「Decisive」 、U.D.O.「Rev-Raptor」 、AMARANTHE「Amaranthe」 、AMON AMARTH「Surtur rising」 、ANIMETAL USA「アニメタルUSA」 
(順不同) となるが、軽く10を超えてしまっているし・・・(汗)

 となると必然的に、去年に同じく「ジャンルごとの選出」となるので、トップに決まった「Dystopia」以外での各ジャンルでの作品を発表する。

 パワーメタルの剛直系部門とメロパワ系部門ではそれぞれ、U.D.O.MANIGANCE
 スラッシュ系では EVILE 勿論 ARTILLERY も良かった。
 正統派メタルの方では SABER TIGER が強さを見せつけた。
 デス系の、ストレート色が強い方では、自分としては新鮮さを感じた UNLEASHED を、知名度を上げる意味でも敢えて挙げておきたい(本音では DEFILED )。 テクニカルなサウンドを叩きだす、要するにプログレッシヴ・テイストを強く出してくるジャンルという範疇ではやはり、OBSCURA が圧倒的。FLESHGOD APOCALYPSE も良かった。
 “ネオ・スタイル・メタル”の音楽形態をとっている中では、ARKONA が印象的だった。
 ハードロック系の方では、LEPS のライヴアルバム。
 SYMPHONY X は、ARRYAN PATHRHAPSODY OF FIRE を抑え、MANIGANCE とタメを張る形で。 また、人間椅子ICED EARTH に抑えられる形に。

続きを読む

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

2012年上半期に買った音楽CDをリストアップしてみて。

 今年に入ってから半年の間にあちらこちらで買い漁った音楽CDを、リストアップしてみた。
紺色にしたのが、今年に発表されたもの。 黒灰色にしたのは去年・2011年に発表されたもの。 で、再発盤が出たものは、色分けしていない。


まずは、ハードロック系の部門から。
BALTIMOORE : 「Original sin」 & 「Ultimate tribute」
BLACK LABEL SOCIETY : 「Book of shadows」
FAIR WARNING : 「Best & more」 & 「Live and more」
FATE : 「Ghosts from past」, 「Ⅴ」 & 「25 Years: the Best of Fate」
FOREIGNER : 「Juke box heroes - the very best of FOREIGNER」 
GOTTHARD : 「Firebirth」
James Byrd's ATLANTIS RISING : 「Beyond The Pillars」 & 「Crimes of virtuosity」
Jennifer Rush : 「Heart over mind」 & 「Power of love: Best of Jennifer」
NITROGODS : 「Nitrogods」
ROYAL HUNT : 「Show me how to live」
SCORPIONS : 「Comeblack」, 「Sting in the tail」 & 「SCORPIONS live」
SINNER : 「Crash & Burn」, 「Comin' out fighting / Dangerous charm」 & 「Bottom line」
SUNSTORM : 「Emotional fire」, 「Sunstorm」 & 「House of dreams」
THIN LIZZY : 「Black rose」 & 「Thunder and lightning」
Torben Enevoldsen : 「flying solo」
TYGERS OF PAN TANG : 「Spellbound +5」
Zakk Wylde(PRIDE & GLORY) : 「Pride & glory」

続いて、かなり長くなるが、ヘヴィメタル/パワーメタル部門を。
ACCEPT : 「Stalingrad」
AMBERIAN DAWN : 「Circus black」

ARTENSION : 「Into the eye of the storm」, 「Future world」 & 「Phoenix rising」
At Vance : 「Decade ( 2CD )」, 「The evil in you」 & 「Facing your enemy」
Alberto Rigoni : 「rebirth」
A SOUND OF THUNDER : 「Out of the darkness」

BATTLE BEAST : 「Steel」
Beto Vazquez INFINITY : 「Darkmind」 & 「Flying towards the new horizon」
BLACK SABBATH : 「Heaven and hell」(SHM-CD)
CRYSTAL VIPER : 「Metal nation」&「crimen excepta」
DELAIN : 「April rain」
EPICA : 「Requiem for the indiferent」
FEAR FACTORY : 「The industrialist」

FIREWIND : 「Few against many」, 「burning earth」 & 「Forged by fire」
GRAVE DIGGER : 「The Clans Are Still Marching」(CD+DVD) & 「Middleage trilogy」
ICED EARTH : 「Framing armageddon -ltd digi」
IMPELLITTERI : 「Stand in line」
Jeff Loomis : 「Zero order phase」 & 「Plains of oblivion」
Lance King : 「A Moment In Chiros ~響鳴の瞬間~」
NIGHT RANGER : 「Man in motion」(SHM-CD)
PASTORE : 「The end of our flames」 & 「The price for the human sins」
PARAGON : 「Screenslaves」
PATHFINDER : 「Fifth element」
PERPETUAL FIRE : 「Invisible」
PRIMAL FEAR : 「Unbreakable」 & 「16.6(before the devil knows you're dead)」
RAGE : 「Carved in stone / Never give up」 & 「21」
Roger Staffelbach's ANGEL OF EDEN : 「The end of never」
Ronnie James Dio : 「Mightier than the sword ~The Ronnie James Dio story」
SAXON : 「Saxon」, 「Wheels of steel」 & 「Strong arm of the law」 (re-mastered series)
STORMWARRIOR : 「Stormwarrior」, 「Heading northe」 & 「At Foreign Shores - Live in Japan」
T.T.QUICK : 「Metal of honor」
RUNNING WILD : 「Final Jolly Roger」(2CD + DVD)
U.D.O. : 「Celebrator -rare tracks」 & 「Mastercutor (alive)」
V.A. : 「RUNNING WILD tribute : reunation」
V.A. : 「MERCYFUL FATE tribute -curse of the demon」
VAN CANTO : 「Hero」 + 「Tribe of force」
V.A. : 「鋼のマイ・ウェイ ~フランク・シナトラ・メタル・トリビュート」

次には、スラッシュメタル/デスラッシュの部門を。
KREATOR : 「Phantom antichrist」[CD+DVD]
MEGADETH : 「Th1rt3en」
NEKROMANTHEON : 「Divinity of death」 & 「Rise, vulcan spectre」
OVERKILL : 「The electric age」
RAVEN : 「Destroy All Monsters - Live in Japan」
RE-ARMED : 「Worldwide hypnotize」
SE, JOSTA EI PUHUTA : 「Ne, joista ei puhuta」 & 「Musta, kylmä, syvä ja samea」
SUICIDAL ANGELS : 「Bloodbath」 & 「Sanctify the darkness」
WARBRINGER : 「Worlds torn asunder」 & 「War without end」

(プログレ系の部門)
JETHRO TULL : 「Aqualung: 40th anniversary」 「4CD Boxset」(限定盤)
Lana Lane : 「El dorado hotel」
MINDFLOW : 「Mind over body」
THE OLD MAN AND SEA : 「The old man and the sea」
RENAISSANCE : 「renaissance +2」 & 「Illusion +4」
SYMPHONY X : 「Symphony X」 & 「Twilight in Olympus」
TWINSPIRITS : 「Legacy」

(自分で勝手に「ダーク・メタル」に分類してる作品群)
KING DIAMOND : 「Deadly lullabies live」
MOONSPELL : 「Memorial」 + 「Night eternal」(CD+DVD)
REVAMP : 「Revamp」
SENTENCED : 「Story - greatest kills」 & 「Buried Alive」(2CD ver.)
THERION : 「Lemuria / Sirius B」 & 「Sitra ahra」

(デスメタル/メロデス系)
ARCH ENEMY : 「Burning bridges」 & 「Anthems of rebelion」
CRYPTOPSY : 「Blasphemy made flesh」 & 「Non so live」
DARK FUNERAL : 「In the sign」
DARK TRANQUILLITY : 「Skydancer/of Chaos & eternal night」&「Projector」
DESULTORY : 「Into Eternity」
DISMEMBER : 「Like an everflowing stream」
INSOMNIUM : 「One for sorrow」
INTO ETERNITY : 「Buried In Oblivion」 & 「The incurable tragedy」
KEEP OF KALESSIN :「Agnen」, 「Reclaim」, 「Armada」 & 「Kolossus」
NAGLFAR : 「Teras」
NECRODEATH : 「Old skull」, 「Age of fear」 & 「Idiosyncrasy」 
LAKE OF TEARS : 「Illwill」

UNLEASHED : 「Odalheim」
VOMITORY : 「Opus mortis VIII -limited edition digipak」

(以下、国内のHR/HM/ロック関係を)
ANCIENT MYTH : 「Akashic」
DOWNHELL : 「A relative coexistence」

DRAGON GUARDIAN : 「聖魔剣ヴァルキュリアス」
EXIST✝TRACE : 「Virgin」
Kelly Simonz's BLIND FAITH : 「THE BEST OF Kelly Simonz's BLIND FAITH」
LONGINUS : 「Evil & blood」
UNITED : 「Scars Of The Wasted Years」
TEARS OF TRAGEDY : 「Elusive moment」
妖精帝國 : 「Gothic lolita agitator」
( V.A. : 「未来日記 Inspired album vol.2 ~因果律デシベル」 )



・・・・・・正確に数えてみると、175枚 となった。 ちなみにこの中では、GRAVE DIGGER の「Middleage trilogy」を「3枚」とカウントしている。また、THERION の「Lemuria / Sirius B」は1枚と数えていたんだっけ・・・・・・ 他にも 2CD in 1 の仕様のものがちらほらあったっけ・・・ カウントの仕方に困る。
 取り敢えず、だいたい、純粋なCD枚数にして180枚を超す事になってしまった。 今年初めに「今年中に買う予定」と決めて置いた枚数の、2倍を上回っている(爆死。) どうしようもないな、俺。


ここで、何故ここまで色々と多数買いこんでしまうかを考えると、最大の要因は「キャンペーンに踊らされる」というよりは、2年前から今でも続く名盤の再発が相次いでいる事だと思う。 (DISMEMBER の1stの再発含む)
 特に、リマスターを大々的に謳った物とか、Blu-spec CD とか HMS-CD とかを見つけて/色々な所から紹介されて注文してしまう事。 これは例えば、THE OLD MAN AND SEA が一番の典型例だと思う。
 他にも、重要/最重要あたりのバンドによる新作が今年の上半期によく出ていたし。 例えば実は去年に新作やアンソロジー・アルバムを出していた NECRODEATH とか、OVERKILLRAGEANCIENT MYTHFIREWINDGOTTHARDKREATOR 、他にも DIO とか UNITED(今回のセルフカヴァー作) とか・・・等々。 そんな事を思っていたら、7月や8月に、TANKARDGRAVE DIGGER という大物も新作を繰り出して来るというし。。。(汗)
・・・ああ、そういえば、SE, JOSTA EI PUHUTA なんていうバンドを新たに見つけ出してしまったし・・・


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ    にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村    にほんブログ村


更に、追記でジャズ系アルバムを出しておく。

続きを読む

テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

昨年のアルバム総評(概要、途中でかなり雑に・・・)

 昨年に買ったCDのリストを見てみると・・・ 簡単にセールスに引っ掛かってしまったものが、あまりにも多過ぎることがよく解かる。

 その全てを書き連ねていくのが物凄く面倒くさいので、“一部のみ”を公開してみようと思う。

先ずはいきなり、ジャズ部門から。

Art Blakey's JAZZ MESSENGERS with Thelonious Monk : 「JAZZ MESSENGERS with Monk」
Art Farmer Quartet feat. Jim Hall: 「Interaction」 「Live at the half-note」 「To Sweden with love」
Attila Zoller : 「Gypsy cry」
Buster Smith : 「The legendary Buster Smith」
Carmen McRae : 「For once in my life」 「The sound of silence」
Chick Corea : 「Return to forever」 「銀河の輝映」
The Chick Corea Electric Band : 「The Chick Corea electric band」
The Chick Corea Akoustic Band : 「Standards and more」
Dave "Fathead" Newman : 「Fathead comes on」
Dizzy Gillespie/Sonny Rollins/Sonny Stitt : 「Sonny side up」 「The Modern jazz sextet」
Duke Ellington : 「Ellington at Newport 1956」 「The best of Duke Ellington」 「The best of early Ellington」
Eddie Higgins TRIO : 「Soulero」
Gil Evans : 「ギル・エヴァンスの個性と発展 +5」 「Svengali」 「Into the hot」 「Out of the cool」
Glenn Miller & His Orchestra:「In the digital mood +1」
Hank Crawford : 「Soul of the ballad」 「After hours」
Herbie Mann & Bill Evans Trio : 「Nirvava」
Herbie Mann : 「Right now」 & 「Do the bossa nova」 「Live at the WHISKY GO GO」
Joe Pass : 「Intercontinental」
Joe Zawinul : 「Money in the pocket」 「Zawinul」
John Coltrane : 「Impressions」 「Selflessness feat.my favourite things」 「Stardust」 「Live at birdland」 「At the village vanguard」
Max Roach : 「Members, don't git weary」
Michel Portal : 「Michel Portal - classique!」
Miles Davis : 「Live evil」(Blu-spec CD)
Milt Jackson & Coleman Hawkins : 「Bean Bags」
Milt Jackson : 「Balads & blues」 「Plenty, plenty soul」 「The ballad artistory of -」 「Vibrations」
Miroslav Vitous Group : 「Rememberring Weather Report」
MODERN JAZZ QUARTET : 「The best of」
Ornette Coleman : 「Ornette!」 「Ornette on tenor」
Oscar Peterson : 「Plays Duke Ellington」 「A tribute to my friends」
Philip Bailey : 「Philip Baily」
Ray Charles / Milt Jackson : 「Soul brothers」 「Soul meeting」
RETURN TO FOREVER : 「Romantic warrior」
Rita Reys : 「Cool voice of Rita Reys」
V.A. (feat. Rita Reys) : 「Feel Vermeer Jazz」
Roland Hanna (& friends) : 「Easy to love」 「Destry rides again」
Roland Kirk:「Other folks music」 「Rahsaan rahsaan」
Roy Ayers : 「Vergo vibes」
Sony Rollins : 「With the MODERN JAZZ QUARTET」 「Tenor madness」
Steve Marcus : 「Count's rock band」
THE MODERN JAZZ QUARTET & Sonny Rollins : 「At music inn」
THE MODERN JAZZ QUARTET / Oscar Peterson Trio :「At the opera house」
THE MODERN JAZZ QUARTET : 「Blues on Bach」 「Modern Jazz Quartet」 「Pyramid」
Thelonious Monk : 「Thelonious Monk Trio with John Coltrane」 「plays Duke Ellington」
Tony Martin(as JAZZ-vocal) : 「The early years」 「Greatest hits」
山中千尋 : 「Still working」 「Because - a tribute to BEATLES」 「After hours - オスカー・ピーターソンへのオマージュ」 「ランニング・ワイルド - tribute to Benny Goodman」 「レミニセンス」 「ジャズ・レミニセンス」 「クラシック・レミニセンス」
Keiko Lee : 「Voices again」 「Voices Ⅲ」
寺久保エレナ : 「New York Atitude」
上原ひろみトリオ : 「Move」 「Voice」
大西順子:「楽興の時」 & 「Baroque」
中牟礼貞則&村上"ポンタ"秀一オールスターズ : 「ウィ ラブ ムレ サン」
櫻井哲夫 : 「Vital world」 「Gentle hearts」
THE SQUARE(T-SQUARE)「Wings」 「Wordless Anthology I ~Masahiro Andoh Selection & Remix +1~」 「Wordless Anthology II」 「Wordless Anthology III」 「虹曲 ~ T-SQUARE plays T & THE SQUARE special」
ラスボスEX : 「アニソンCX」
V.A. : 「Flavor jazz GIZA jazz compilation vol.1」 & 「Flavor jazz GIZA jazz compilation vol.2」
V.A.(Anders Wihk and so on) : 「ABBA - JAZZ」
V.A. : 「PIANIST - Waltz for Bill Evans」
V.A. : 「Play Jaco ~ tribute to Jaco Pastorius」
V.A. : 「HQCDで聴く高音質ジャズ」 [HQCD+CD完全生産限定盤]

 更にここに、ジャズ/フュージョン系でもHR/HM系でもないタイプのリストを追加すると、

V.A. : 「メタル・クラシックス 煌 Hope & glory」「メタル・クラシックス 荘 Power & passion」
V.A. : 「未来日記 Inspired album vol.2 ~因果律デシベル」
菅野よう子 :「坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラックス」 「アニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック プラス more & rare」

EARTH, WIND & FIRE : 「playlist - Best of」
AIR SUPPLY : 「playlist - The very best of AIR SUPPLY」
Damian Wilson : 「Lets Start A Commune」
Michael Bolton : 「Gems -The duets collection」「Playlist - The very best」
Les Paul : 「The essential collection」

 となる。

・・・・・・これだけで既に、100枚を超える枚数を買っていることになる(爆)。 一枚当たりの単価がかなり安い1000円シリーズからSHM-CD或いはリマスター版の2000円以上するもの、またBlu-spec CD などなど・・・ ポイント購入を考慮しない状態で、既に ピー 円を突破する計算になる。

 更にここに、スラッシュ系のアルバムを追加記入すると、以下のようになる。
AGENT STEEL / ANTHRAX / OVERKILL : 「Metal Fest vol. 1: Live From Germany '86 」(DVD)
ANNIHILATOR : 「Total annihilation ( 6CD -set) 」
DEKAPITATOR : 「The storm before the calm」
DESTRUCTION : 「Antichrist」 「All hell breaks loose」 「Mad butcher + Eternal devastation」 「Spiritual genocide」
DEW-SCENTED : 「Icarus」
EXODUS : 「The atrocity exhibition ...Exhibit A」 & 「Exhibit B : The human condition」
EXUMER : 「Fire & damnation」
KREATOR : 「Phantom antichrist」
MEGADETH : 「Th1rt3en」
NEKROMANTHEON : 「Rise, vulcan spectre」 「Divinity of death」
OVERKILL : 「The electric age」
PARADOX : 「Heresy」 「Riot squad」 「Tales of weird」
RAVEN : 「Destroy All Monsters - Live in Japan」
RE-ARMED : 「Worldwide hypnotize」
SUICIDAL ANGELS : 「Bloodbath」 「Sanctify the darkness」
TANKARD : 「A girl called cerveza」 「Beast of bourbon」 「Kings of beer」 「Best case scenario: 25 years in beers」
SE, JOSTA EI PUHUTA : 「Ne, joista ei puhuta」 & 「Musta, kylmä, syvä ja samea」
SODOM : 「M-16」
STONE : 「Stone -remastered-」 「No anaesthesia -remastered-」
TESTAMENT : 「Dark roots of earth」
WARBRINGER : 「Worlds torn asunder」 & 「War without end」

 そして、デスメタル/メロデス、あとデス系の声が付いているアルバムを出してみると、こんなになる。

ARCH ENEMY : 「Burning bridges」 & 「Anthems of rebelion」
CRYPTOPSY : 「The best of us bleed」 「Cryptopsy」 「None so live」 「Blasphemy made flesh」
DARK FUNERAL : 「In the sign」
DARK TRANQUILLITY : 「Projector」 「Skydancer/of Chaos & eternal night」
DESULTORY : 「Into Eternity」
DISMEMBER : 「Like an everflowing stream」
GOROD : 「A perfect absolution」 「Neurotripsics」 「Leading vision」
INSOMNIUM : 「One for sorrow」
INTO ETERNITY : 「Buried In Oblivion」 「The incurable tragedy」
KEEP OF KALESSIN : 「Agnen - a journey through the dark」 「Armada」 「Reclaim」 「Colossus」
LAKE OF TEARS : 「Illwill」
MOONSPELL : 「Alpha noir(limited edition)」 「Memorial」 「Night eternal」
MORS PRINCIPIUM EST : 「Termination=Liberation」 「...And death said live」
NAGLFAR : 「Harvest」 「Teras」
NECRODEATH : 「Age of fear」 「Old kull」 「Idiosyncrasy」
OPETH : 「Blackwater park -legacy edition」
REVAMP : 「Revamp」
TIAMAT : 「The scarred people」 「Clouds」
UNLEASHED : 「Odalheim」
V.A. : 「A tribute to MAYHEM : Originators of the Northern Darkness」
V.A. : 「A tribute to POSSESSED : Seven gates of horror」
VOMITORY : 「Opus mortis VIII -limited edition digipak」
UNITED : 「Scars Of The Wasted Years」


 この有様を一言で表すと、「やり過ぎ」とか「節操なさすぎ」といった所か・・・ 自分で言うのもなんだけど(爆)
 ちなみに、文字色の作品は2012年に新譜として発表されたもの。
 また、それ以外のもの(2011年発表とか、ジャズ系での国内初CD化 というタイプのもの)は、色分けなどで特に区別しない。 メンドー臭いから! ( ← 責任放棄)
最近では、最新アルバムがいきなりSHM-CD仕様で出てくることも多くなっているけど、そういうのは極力優先しないように・・・・・・ とか思っていながら、結局ろくに自粛できていない。



 これ以上更に、メロディック/正統派系のHR/HMアルバムをだらだらと羅列しても面倒くさくなるだけなので(自業自得だ/猛爆)、省略する事に(苦笑)。


取り敢えず。

 昨年の快作として、印象に残っているトップアルバムをざっと挙げて行ってみたい。

 HR/HM以外を纏めて挙げると、「アニソンCX」や「ABBA - jazz」、櫻井哲夫さんの「Vital world」も良いが、山中千尋さんの「After hours」が一番印象に残っている。上原ひろみさんよりも自分好みの音 というのは、以前レヴューした時に書いたが。


 スラッシュ部門として、すぐに OVERKILL, TESTAMENT, KREATOR, DESTRUCTION ・・・などが出てくるが、STONEPARADOX の過去の名作も大事にしていきたいし・・・ などの思いもある。 取り敢えず、ベストアルバムのスラッシュ部門としては、多作なのに相変わらず個性を損なわっていない という点をみて、やはり OVERKILL「Electric age」 が一番かと。 MEGADETH は、前作と比べてインパクトが足りないように今更ながら感じた・・・
 復活/再生劇を経ての PARADOX, DEW-SCENTED, EXUMER といったバンドのアルバムも、曲以外にも執念とか魂とか、そういう精神性の比較的高い物が詰まっているかと。 いや、「かと。」じゃなくて、実際にそうだ。 あ、TANKARD の名前は決して忘れた訳ではないのであしからず。

 デス(+ブラック)系で言うと、MPE は勿論、INSOMNIUMUNLEASHED 、当然 NAGLFARCRYPTOPSY を思いついたが、最終的には GOROD と CRYPTOPSY が対決して、ヨーロッパ出身の若手に対する贔屓目で 「A perfect absolution」に。 CRIMSON SHADOWS の名前を失念していたのは、内緒にして・・・(爆)


 メタル系インスト/ソロでは、比較してしまうと Alberto Rigoni よりも Tony MacAlpine が圧倒的に輝いているかと。でも、知名度の足りないリゴーニを推すために、敢えてより上に評価してしまうとか・・・(苦笑) それも良いか? 勿論、Jeff Loomis「Plains of oblivion」も素晴らしい。
 CROSS VEINANCIENT MYTH は、アルバムジャケットの卑怯さで(え゛) CV が反則負け(爆)。 話題性に富む面白い新人バンドとしては、BATTLE BEAST よりも CRIMSON SHADOWS の方が上、という事も関係し、2012年新人部門では総合的に (PHOENIX RISING を抑える形で)HUNTRESS を挙げておく。
 あとは・・・・・・ バンド名を思い出せばそれだけ、どんどん迷っていってしまう。
ARRAYAN PATH, Axe Rudi Pell, SABER TIGER, ANTHEM, EXIST✝TRACE, GANGLION, THRESHOLD, KAMELOT, GOTTHARD, THEOCRACY, SINNER, SECTION A, RAGE, Steve Harris, PATHFINDER, Jimi Jamison, PHOENIX RISING, HELLYEAH, DOWNHELL(韓国のバンド), FIREWIND, ・・・・・・(順不同)兎に角、自分として印象が特に強いのを選ぶとすれば、 ・・・やはり、RAGE と GRAVE DIGGER 、そして ACCEPT と、SABER TIGER が残ってくる。
 アメリカとイギリスそれぞれのプログ/パワー・バンドも良いアルバムを作ってくれた。若手バンドの売り出しという意味では ARRAYAN PATH や THEOCRACY を挙げたいし、実力の割に知名度の足りない THRESHOLD をプッシュしたいし、・・・・・・と迷ってもしょうがない。
 「ハードロック系」の括りでは、ジミ・ジェイミソン で決まり なのだが・・・・・・
 他の部門では決められない。 困った。 しょうがない。 RAGEの「21」でいいや。( ← 何だと)
・・・・・・とにかく、今年は(今年も)、良いアルバムが沢山出過ぎた。というか、年を追うごとにベストアルバムの選定が出来なくなって雑になってきているぞ、俺・・・(爆)

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ    にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村    にほんブログ村

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

去年(2013年)のトップクラス・バンド/アルバムを、挙げておく。

 以前の記事で「2013年に買ったCDリスト」を出しておいたが、これまた随分と買いこんでしまったな~と改めて思った。

 で、今回の記事では、昨年中に出た新作をピックアップして、去年のベストアルバムを決めていきたいと思う。
 
 再発/再録などの企画色の強いものやベストアルバム、ライヴ、DVDは一番最後に纏めておく。

 まず、ヘヴィメタル/パワーメタル+メロディック/プログレあたりのジャンルから。並び順は、前の記事に同じく順不同で。
HELLOWEEN : 「Straight out of hell」
LINGUA MORTIS ORCHESTRA : 「LMO feat.RAGE」
U.D.O. : 「Steelhammer」
VICIOUS RUMORS : 「Electric punishment」
HOLY DRAGONS : 「Zerstörer」
DEATH DEALER : 「War master」
CRYSTAL VIPER : 「Possession」
RUNNING WILD : 「Resilient」
HUNTRESS : 「Starbound beast」
FATES WARNING : 「Darkness in a different light」
AMARANTHE : 「Nexus」
ROYAL HUNT : 「A life to die for」
EDENBRIDGE : 「The bonding」
ARTICLE : 「Illusion X」
Bob Katsionis : 「Rest in keys」
ARRAYAN PATH : 「Ⅳ: Stigmata」
STRATOVARIUS : 「Nemesis」
Marco Sfogli : 「Remarcoble」
HELL : 「Curse & chapter」
SAXON : 「Sacrifice」
Yngwie J.Malmsteen : 「Spellbound」
THE POODLES : 「Tour de force」

 この内のトップ10アルバムとして、 Bob Katsionis(中堅) 、ARRAYAN PATH(中堅) 、LINGUA MORTIS ORCHESTRA 、U.D.O.、SAXON 、HELLOWEEN 、ARTICLE(若手) 、RUNNING WILD 、FATES WARNING 、AMARANTHE(若手) ・・・・・・フム、随分と名作揃いだ。 はっきりと絞り込むのは無理なようだ、まだ他にも名前を出したいバンド/アルバムがいる・・・(爆)。


 スラッシュ/デスラッシュ系:
SODOM : 「Epitome of torture」
HATRIOT : 「Heroes of origin」
FLOTSAM AND JETSAM : 「ugly noise」
DARKANE : 「The sinister supremacy」
ANNIHILATOR : 「Feast」(SHM-CD + 「Re-Kill」CD)
BLYND : 「Punishment unfolds」
EVILE : 「Skull」
EXARSIS : 「The brutal state」
ONSLAUGHT : 「Ⅵ」

 この中から、BLYND を「2013年最優秀新人バンド」として選出しておく。スラッシュ勢の中ではFLOTS が一番下だが、 ・・・・・・やはり、衝撃度という意味でも BLYND を敢えて挙げて注目したい(しかも、この中で唯一のデスラッシュ)。

 デス声の存在比率に関係なく、シンフォニック/暗黒/デスメタル系の部門で纏めてみる。
SAD ALICE SAID : 「Yesterday's tomorrow」
SIRENIA : 「Perils of deep blue」
LEAVES' EYES : 「Symphonies of the night」
SUFFOCATION : 「Pinnacle of bedlam」
ETERNAL TEARS OF SORROW : 「Saivon lapsi」
SOILWORK : 「Living infinit」
KALMAH : 「The seventh swamphony」
PAGANLAND : 「Wind of freedom」
CARCASS : 「Surgical steel」
AMON AMARTH : 「Deceiver of the gods」

 SIRENIA は、2013年最優秀アルバムジャケットで決定。 また、CARCASS と AMON AMARTH 、そして SUFFOCATION が「相変わらずの優良ヴェテランデスメタル」としてほぼ互角の位置で睨み合う所に、ETOS が同類を率いてすぐ近くで待機している・・・ というイメージ。 そして、これまで以上にアグレッシヴな表情を見せてきた LEAVES' EYES がこれらの中では一番良いな,と思った


 ハードロック系:
FAIR WARNING : 「Sundancer」
Lita Ford : 「Living like a runaway」

 企画モノ系:
V.A. : 「光速王 ~ Legendary shred guitar kingdom - ロック編 -」 & 「光速王 ~ Legendary shred guitar kingdom - フュージョン編 -」
Metal Bless Japan (v.a.) : 「We can be strong」

 プログレ・ロック系:
V.A. :「イタリアン・プログレッシヴ・ロック・ヒストリー ~ 甦る情景」
NEW TROLLS : 「Concerto grosso n゜3」
LA LEGGENDA NEW TROLLS : 「Concerto grosso 1,2,3 by Luiz Bacalov」
RENAISSANCE : 「Grandine il vento」

 少ねえ・・・・・・
 取り敢えず、 FAIR WARNING の作品が素晴らしい事だけは間違いないわけである。


 国内HR/HMシーンの音楽:
DESTROSE : 「Destrose」
VRAIN : 「Vaptism of mars」
OUTRAGE : 「Outraged」
人間椅子 : 「萬燈籠」
X.Y.Z. → A. : 「Seventh heaven」
ARK STORM : 「The ultimate - Best of ARK STORM」
LONGINUS : 「World」
KNIGHTS OF ROUND : 「A falling blossom will bloom again」
TEARS OF TRAGEDY : 「Continuation of the dream」
ARESZ : 「Skill」

 これらの中では、VRAIN 、OUTRAGE 、TEARS OF TRAGEDY 、人間椅子 の4作品を選出した が・・・ それぞれの音楽性が相当違い過ぎると考えつつ、TOT の方が VRAIN よりも、また OUTRAGE よりも人間椅子 の方が良い かな、と判断しておく。

 長いので、以降、「追記」にて分割して置いておく。

続きを読む

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。