スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Shannon Curfman 「Loud guitars, big suspicions」(1999)

 アメリカのブルーズっぽいサザンテイスト溢れるハードロックを歌う女性シンガー、シャノン・カーフマン の作品。 一部、外部ライターに任せず自信でも作曲に携わっている。
 随分と古いデータなので確証はないが、確か藤木さんが「今月のおすすめ」のコーナーで紹介していた ・・・ハズ。 ‘99年当時の BURRN! でも、そこそこの高得点で評価されていたと記憶している。
 ・・・何故これを取り上げようとしたかというと、「次は何を取り上げようかな~・・・」と、かなり(メタルに嵌ってから)初期の物を挙げようと思い立ち、倉庫(タフボックス)の中をガサゴソしていたら、たまたまこれに手が触れたから。  思わず、「懐かしいな~」と思ってしまった。

 というわけなので、この次に記事で紹介するのは、ザック・ワイルド もとい、BLACK LABEL SOCIETY の作品に決定。 ・・・サウンド・プロダクションは物凄く違うけど、曲構成の方は結構類似点があると思うので。 ・・・いや、まあ、TESLA の方が(彼女の音楽に、音楽性という点で)似ていると思うけど・・・(もう少し言うと、GREAT WHITE よりも TESLA の方が、ヴォーカルの質感と曲構成の点でシャノン嬢に近い)  声質は、日本のHR女性シンガーによくあるような鋭いタイプでなく粗野で、中音域メイン(高音は殆ど使わず、かといってメゾソプラノでもない)。

1. Few and far between
 イントロのギターメロディがこのアルバム全体のカラーを顕著にしている、ややファンキーな曲。
2. No riders
 ドライヴ感のあるブルーズ・ハード・ロック。後ろでブロウしているブルース・ハープが印象的。
3. True friends
 大人っぽいタフなヴォーカルがサビの部分で映える、サザンロックテイストのある曲。
4.If you change your mind
 バラードチックなしっとりとした曲。
5. Love me like that
 軽快なギター・イントロで始まり、ギターソロは曲中を通してファンキー。
6. Playing with fire
 コーラスパートでかなり乱暴に歌い上げているのがやけに印象に残る。また、「ひょっとしたら、彼女が目指しているのはザック・ワイルドかな?」と一瞬思ってしまった。
7. I Don't Make Promises (I Can't Break)
 力の抜けた気だるげなヴォーカルが心地良いバラード。
8. Hard to make a stand
 ブリッヂパートのヴォーカルメロディが耳に心地良い、そしてコーラスパートでどっしりとした感じの雰囲気になる、軽目でありながらも骨太なロックナンバー。
9. The Weight
 どこかで聞いたことのあるような(それでいてなかなか思い出せない)コーラス・パートのヴォーカルラインとギターライン。 要するに、それだけ耳に優しい良いフレーズだということだが・・・。
10. Never enough
 シャノンの歌の巧さが一番わかる曲 ・・・だと思う。 スローテンポ・チューン。
11. I'm coming home
 特筆することはないが、アーシーな雰囲気のある、分かりやすい曲。
 
 ただ、自分の手元にあるこれは輸入版なのでライナーノーツが無い分、確認とかしておきたいプロフィール的な記載(デビュー経緯とか、ライナーノーツ担当者によるコネタ的な気の利いた一言コメントなど)が一切無い。
 79点。 この頃のB誌は持ってないので、何点かはもう知らない。。。
    

 にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

Derek And The Dominos (Eric Clapton's Album)

 SHM-CD(の安売りセール)で買った、ギターの名手、エリック・クラプトン の、超有名曲「愛しのレイラ」(邦題)こと「Layla」が収録されているアルバムを。



Derek and The Dominos 「LAYLA and other assorted love songs」
(2011年リマスター&SHM-CD版,1970年初盤)
 クラプトン 以下、メンバーは ボビー・ウィットロック(Bobby Whitlock, Key/Vo) 、カール・レイドル(Carl Radle, B/Perc.) 、ジム・ゴードン(Jim Gordon, Ds/Perc./Key) 、デュアン・オールマン(Duane Allman, G) 。
 プロデューサーが、"THE DOMINOS" というわけである。
 オビ(と言えるようなネタ性のある過剰な宣伝文)はない。淡々とした小文字の説明文がある程度。

1. I looked away
2. Bell bottom blues
3. Keep on growing
4. Nobody knows you when you're down and out
  
5. I am yours
6. Anyday
7. Key to the highway
8. Tell the truth   
9. Why does love got to be so sad?
10. Have you ever loved a woman
11. Little wing
12. It's too late
13. Layla
14. Thorn tree in the garden

 4.のみ、アルビー・ガルテン(Albhy Galuten) がピアノで参加、ボビー はオルガンに専念している。
 ・・・・・・こんなことを言うのもなんだけど、収録されている各曲は、いちいち紹介するまでもないかな,と思う。 既に2000円もしない廉価盤でリマスター&SHM-CD化されたヴァージョンのアルバムが出ている時点で、さっさと買って聴いていればそれでいいだろう,というようなもんだ。 ・・・まぁ実際、2曲だけとはいえ紹介しているけど。。。

・・・そんな内容だが、ジャンルとしては、ブルーズ/ソフトロック というような領域であって、あまり俺の好みではないので ・・・でも、やはり名曲揃いな事は判るし嫌いという訳でもない、ロック/ハードロック/メタル の歴史には重要なエッセンスが封じ込まれているので、お勧めはしておく。
 82点。 デスメタル(デスラッシュとか)にまで耳が対応しているような人間からすれば、こんな点数でもマシ ・・・かも???


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

テーマ : エリッククラプトン
ジャンル : 音楽

プロフィール

KnackValm

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。