スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始めて。 というわけなので、徒然に自己紹介的なことを書いていく。

 ブログデビューの初っ端に、何を書こうかな~、とか色々悩んでみたり。

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

でも、実を言うと、実はこれ、正式なブログデビューとは違って、某サーバーから“引越し”て、新たにこの場で始めたわけ。。。
その時にも書いたけど、これまでに前触れもなく消滅するとか休止の前兆があってそのまま自然消滅するとか開店休業状態が続いてるとか、色んなブログやらサイトやらをこれまでに見ているので、(仮に立ち上げたとしても)自分もそうなるんじゃないかと二の足を踏んでいて・・・・・・

ただ、他の方からの勧めがあったり、これまでに溜め込んできた私小説などのマテリアルを公開しても良いんじゃないかとか情報提供の場として自分を発信源にしてみようとか、そんなことを色々思って、重い腰をようやく上げて、こうやってついに始めた・・・・・・ と。
   そういうわけで。
(某所よりの)引越し完了より心機一転、この場で新たにブログ発信宣言! を、してみたり。。。


以降、徐々に小説をアップしてコンテンツもまったりと整理・充実化していく予定。

・・・とはいえ、声優ネタで複数アニメの交錯(というか錯綜)する、2次創作パロディ型パラレルのネタも同時的に展開していくつもりなので(マテ)、場合によっては外部勢力から俺の知らん間に削除などされるかもwww

ま~例えば、アスラクラインの加賀篝隆也の操るロードナイトが「絡め取った者/物の時間を停止する」特質を備えた6本の鎖ならば戦国BASARAの伊達政宗が6本の刀を振りかざ私、更に両者のcv担当が中井和哉さんだとか、赤眼のオッドアイという福山潤さんのレパートリーに、更にPandraHeartsのヴィンセント・ナイトレイが加わってくるとか、他にもう有名声優の共演ネタや、バジリスク~甲賀忍法帖のOP曲担当・陰陽座が愛媛出身の弦楽隊の3名を擁するバンドならばヒロインだけでなくED曲を担当する水樹奈々さんも愛媛出身で、しかもHM系の楽曲を歌うポテンシャルを持っているとか、・・・・・・etc. etc.

一部、声優以外のネタが混じっておりますが、気にしないで下さい(汗)。



  とにかく、ここではアニメを観ながらもあまりアニソンの話をすることがなく(少しはある)、基本的に音楽といえばHM/HR(ヘヴィメタル・ハードロック)系・時にはデスメタルにまで及び、たま~~にジャズとか他ジャンルの話題もするかも? という感じで進めていく予定。


今回はここまでとして一旦終わり、次回ではゲームについて書いていこうと思っている。  特に、StudioGIW作品について。 ファルコムは別の機会で、また・・・
スポンサーサイト

テーマ : 自己紹介
ジャンル : その他

人と動物の違いは、何なのか。

 ノルウェーの動物愛護団体が、8/24に同国の毛皮動物飼育場を秘密裏にビデオ撮影したところ、一部の飼育場で脚部や耳をちぎり取られた動物を放置するといった「虐待」行為があったと発表した。 ・・・らしいが、多分それは嘘だと思う。

 人間や、身近なペットで考えて欲しい。 人(頭皮限定)ならば言うに及ばず、犬猫・その他代表的なペットは、怪我などで肉体・精神的にストレスを生じる場合、皮膚や体毛が相当なダメージを受けて製品価値の極めて低い毛皮しか取れなくなってしまう。 だからこそ、虐待行為なぞしようものなら、それは「自分達が世間に送り出す製品を貶める」、もっと簡単にいうと自分で自分の首を絞める行為そのものということになる。

当然、一度傷ついて商品価値の低くなった動物の場合、ヘタに生存させて長期的に生きて苦しみを味わわせるよりは速やかに殺処分する方がよい。
 話はずれるかもしれないが、例えば、競馬用の馬なんて双子で産まれようものならば、即座に「競走馬に必要な体力が足りな過ぎる、これまでの実績が証明しているからだ」として2頭とも否応なく殺処分されるのが常で(漫画・「じゃじゃ馬グルーミン'up!」(by ゆうきまさみ)より。 但し、連載されていたのが少年誌だからかは知らないが、ここでは2頭とも殺されずしっかりと活かされている)、乗馬クラブなどの別用途として出荷される事は少ないらしい。
 入用牛のメスでも双子で生まれれば商品価値が低いと言う理由から食肉用(当然肉質評価は低ランク)に回される。

そういうような事例から激しく逸脱し、延々と苦しめ続けるような事をしても自分達の儲けにならないというのに・・・

だから、「これってノルウェーの動物愛護団体が一部事実を捻じ曲げて報道してるんだろ?」と、私は思っている。


続きを読む

pdf文書ファイルがアップロードできない・・・!

 由々しき自体である。

これまでに書き溜めてきた、某アニメの2次創作小説を掲載しようとし、pdfの形式に保存し直してから「よっしゃ、アップロードだ、公開に踏み切るぞォー!」と思った、その矢先に・・・

「この形式のファイルはアップロードできません」と、撥ねつけられた。
 ・・・pdf拡張子だと、ブログ内記事からのリンク貼り付けはダメらしい。 そして、私の小説は、MicroSoftWordの機能をフルに使っており、傍点や線は当然、ルビを積極的に用い、タイトルで大文字(小文字は使ってないものの)使用など、太字や、段落機能で文章位置の右寄せ・左寄せ・中央配置も使ってるし・・・

 これのような文章をそのまま出すにはどうしたらいいのかな? ・・・まさか、いや、大方、別の専用的な掲載の場(ブログの別小屋 ではなく、立派な“アナザー・サイト”として君臨する場)を作る必要性がでてきたのか・・・
とにかく、考えているのとは別の事をする必要があるのは紛れも無い事実である。 ・・・・・・取り敢えず、機能殆ど使ってない短めのを出すことなら直ぐにでも出来るから・・・ この次に・・・(お゛)


閑話休題
・・・・・・気を取り直して,っと。
さて、これまでに公開してきた月人のことだけど、丁度前回から漸く各月人の画像を公開するようにしてみた。

 となると、その以前に説明していた月人の方々から不満が出るだろう・・・
・・・ということで、以前の公開カオス日記を編集する形で掲載することに。

アニメのきちんとしたレヴューもしたいと思ってるし、気になるニュースもあるし ・・・で、一応ネタには困らないのだが。。。
(シャングリ・ラ や 07-GHOST の、まともな感想文・レヴューも考えている)

続きを読む

第816回「がんばれ!」と応援したい人・モノ

FC2 トラックバックテーマ:「がんばれ!と応援したい人・モノ」



 先日(2つ前の記事)に書いたとおりの、冬季オリンピックのパラリンピックに出場する日本期待の選手・アイススレッジホッケーの ・・・・・・・・・・・・チーム全員に対して、エールを送りたい。

 もっと言うと、国籍を問わずに、出場選手全員がしっかりと全力を出して欲しい。

あと、日本のラクロス界全体。 (マンガ含む)

F-1は、全世界的に・・・(爆)

日本人力士で、中堅所より上の方で固まっている集団。 というのも失礼だけど、特に普天王と豪栄道が意外と成績が伸び悩んでいる様に思うし(垣添とか霜鳥とか他にも・・・)。 日本人じゃないけど黒海と春日王もなんか止まっちゃってる(もっと伸びるかと思っていたら、ずっと先述の力士達と一緒に大関の下に留まっているようになり、それ以上上がれなくなってるイメージ)。

ロードレース(自転車)も、日本国内での認知度はもっと上がっておかしくないのに・・・


それと、FALCOMのPCゲームへの展開も応援したいw ・・・って、そんな事言ってたらキリがなくなるので、この程度にしておく。

野球なんてどうでもいいから!


・・・ついでに、俺自身にも(を゛)

テーマ : ウィンタースポーツ
ジャンル : スポーツ

最近あった、動物関係の事を。

 日本海側漁業界の最凶最大の外敵ともいえるエチゼンクラゲを、何とかしたいという思いから、ついにある一つの名案(というか結論)が導かれつつあるらしい。

内容は、「捕獲したエチゼンクラゲの成体を水深11mの海底に暫くの間固定しておくと、ウマヅラハギ(フグやカワハギの仲間)が、なんと毒針を含む大部分を食い尽くしてしまった」らしい,との事。

 実験場所は、島根の隠岐諸島にある、“民間”研究機関・海中景観研究所。 ・・・スゲエよ、民間の研究所でこういうことをしているのがあるというのは・・・。
 ま、大方、元々国家の一機関だったのが経営不振で民間に払い下げられたという経緯があるかもしれないが、それは別に気にすることではないだろう。
 ちなみに中国の方では、エチゼンクラゲなどというヤツは、まだ幼生体(子供の時期)なので「無毒の魚介類」というような認識しかないが、日本の方ではいつも成体(大人の時期)でコヤツラを迎えているので、「毒があるから処理しにくい」となってしまっているが、既に日本で食用として(一般で無いとはいえ)認識されているウマヅラ ・・・もとい、 カワハギの仲間を養殖する有効手段として期待されるとあれば、今後に向けて、カワハギの仲間を養殖する際の非常に手ごろな餌資源の確保の目処が立った,というところだろう。

カワハギというのがフグの仲間で、フグの毒はフグ自身が持っている(体内で生産している)物でなくフグの餌由来のものだという事を知っている人にとっては、この実験結果はとても面白いものだと思える筈だ。
大方、このウマヅラハギの体内には、エチゼンクラゲの毒はしっかり残っているだろう(私自身の考えでは。 ・・・つまり、実証された事ではない)。 しかし、それでも、「同類の意地!」というべきか、ウマヅラハギ共はその毒を全く影響を受けずに体内に蓄積している ・・・らしい。

レオン@KillZvald:「待てコラー!!! 無責任な発言をしてるんじゃねええ!!!」
 日本の方で、(大人になってしまった)エチゼンクラゲを食用にするのは物凄く困難だけど、日本では調理師免許とは別に「フグ調理師免許」なるものがあるくらいだ、追加研究で結果が出るより先にウマヅラハギのレシピが大々的に(日本海側を中心に)日本全国に広まってもおかしくはないのでは・・・???
「待てお前、俺をシカトするんじゃねえ。」


・・・・・・え~と、最近ほったらかしになってる、ゲーム・KillZvald に関する記事は、後の改めておいおいすることと致しますので・・・(陳謝)
「フゥンそうか、じゃあせいぜい期待させてもらうがな、もし一週間以内に、ゲーム・KillZvald 又は HMバンド・DRAGON GUARDIAN の宣伝をしなかった場合、」
アクエリアス:「何を言ってるんですか? KillZvald限定に決まってるでしょうが、レオンさん?」
「ええーい! ともかく、裏切りの代償は重いからな!!!」
分かりました、肝に銘じておきます・・・


話を戻して。
 また、実は「もう、しませんから。」(著:西本英雄 講談社,WSM)の7巻に収録されている161・162話「クラゲハンター! 前編・後編」で既に紹介されている事なのだが、山形県にある鶴岡市立加茂水族館では、かなり以前からエチゼンクラゲを使った各種料理があって、「寄食ハンター」一同と共に取材に訪れた西本先生一行が、「予想に反して美味し過ぎて拍子抜けした」と評価するほどの絶品らしい(クラゲラーメンは、全員一致で三星、とのこと)。 ちなみに、そのレポート体験に夜とクラゲ料理を出すレストランは午前中までしかやってないので、念のため。
この「もうしま」7巻、少しばかり読み返してみたのだが、森川先生や真島先生の所以外にも、クマ牧場やケイヴィング体験、蛇(毒蛇もある)、静岡のバンダイホビーセンターやらと、色々な所に取材していって自虐ネタをこれでもかと展開し・・・www 本当にしょうがないな、この漫画家はwww


 で、クマの話。
 専門家によると、岐阜県の乗鞍岳は標高が高く、クマの餌になるような物は非常に少ないとのこと。
 また、一般論として「熊は人に出会ったり人の気配を感じたりすると、すぐに逃げる」のだが、そういう行動をとらないというのは即ち、人間にある程度慣れている=残飯漁りの経験が多いということだ。
 山村地域で、残飯を漁りに来る動物には狸・猪・狐に限らず、時に熊も出るとかいう話も出てくるが、今回もやはり、事の発端を辿れば資源を無駄に食いつぶして捨て散らかすという人間の行動に起因するということか。


 アメリカ(サウスカロライナ州)にはワニの狩猟に関する法律があり、それによると狩猟権が抽選で当たるらしい。 そして、その抽選に当たったという16歳の少女が、クロスボウで無事ワニを仕留めたらしい,との事。 こういうのが、アメリカの方では、ポジティヴな方面での記事として紹介されているらしい・・・。(現にその報道が日本にも来てるし)
 体長3mのアリゲーターを仕留め、現在冷蔵庫に18kgの肉がある,というが・・・
日本の捕鯨問題はーーー!!???? ・・・と,この報道に関った全ての連中に問いつめたいのだが・・・。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ
にほんブログ村

テーマ : 動物・植物 - 生き物のニュース
ジャンル : ニュース

難しい課題。

 秋田県のアンテナショップ(東京都内にある)で、「比内地鶏の卵を使った親子どんぶり」が、100%比内地鶏卵を使っていないと発覚した。

 何故そうなったのかと原因を探ると、かつて100%比内地鶏卵を使っていた頃は「味がくどすぎる」とのことで食べ残しが非常に多かった為だと。
 この意見に対応する為、味のくどさを解消しようと普通の鶏卵を混ぜることにし、比内地鶏卵のと混合比率を研究していって、地鶏:通常鶏卵=7:3 で落ち着いていた ということだが・・・

 どうやら、事件 ・・・じゃない、真相発覚のきっかけは、この店「ダイニングはな小町」で食中毒事件が発生したからなんだと・・・。 ただ、私の言及したいのは、そういうことじゃないので、事件については敢えてこれ以上触れない。

 ここで取り上げたいのは、現在(自主的に)営業停止となっているこの飲食店が営業再開する時、「100%地鶏卵を使う」と明言していること。 当然、「その場合は付けあわせのサラダなどのお膳全体のバランスで対応したい」とのことだが・・・

 例えば、誰かが言う。
「これは、不当表示ではない。 でも、ど~~~したもんだかねぇ~~~~」,と。

 ある人なら、全体のバランスを整えて、但し書きを一切使わずに客に料理一式を提供するだろう。
 しかし、私ならば、先ず最初に但し書きを見せて確認してから注文の確認を取る。
別に、この内のどっちが良いか悪いかとは言わないが、
 ともかく、
 発覚してしまった以上はこの店は何らかの方策を取る必要が出てきた訳だ。

 ・・・もう少し付け足して言えば、既に「美味しい親子どんぶり」を見つけ出してたんだから、別メニューとして「比内地鶏と普通の鶏の、ゲスト来訪型親子どんぶり」(仮称:「小さなお客付き親子(家族)丼」を出すことも念頭に入れておいたほうが良いのではと思うのだが。
 それまで「美味しい」と評されてきたメニューの永久撤廃は、客足が遠のく一因になるのではと思うからね~。。。

テーマ : 食に関するニュース
ジャンル : ニュース

つれづれと。(07-GHOST DVDを買った事も含めて)

 07-GHOST のアニメイト限定版DVDを買いに久しぶりにアニメイトに行き ・・・・・・・・・そして、色々と(買うつもりのない)CDなどのグッズ関連を一通り見て眺めてて、面白いものを発見した。

 「殿といっしょ」の、ドラマCD である。 この「殿といっしょ」というのは、物凄く緩くておバカな歴史もののギャグ漫画なのだが、・・・3巻「この直江がウザい! 2009年キャンペーン」なる随分とアホなオビタタキに魅せられて買ってしまった経緯があったりして・・・
 ・・・まあ、意外と「面白いな」と思ってしまった。 という事よりも、この物凄くバカバカしい(褒め言葉)作品のドラマCD盤に出ている声優さん達の名前を見て、正直ぶっ飛んだ。
 織田信長の役を、“あの”、元キックボクサーという経歴を持ち、「灼眼のシャナ」のサブラクなどの強烈で深く過激な敵キャラ系の良く似合う(最近の出演作品ではそんな事も無くなっているけど。「デュラララ!」とか「エレメントハンター」では強敵とは真逆の位置の存在の役)黒田崇矢さんがやっているのだ!!!
 この一点だけでも、購買意欲がそそられてしまった・・・ マテ・・・ 落ち着け俺・・・ そんなモンに手を出してたらキリが無くなるぞ・・・。(←必死に自分に言い聞かせている)

 取り敢えず、ここ数日の間で、「獣の奏者」漫画版2巻「黒神」13巻という新刊を買い、更に
中古店で「Y十M -柳生忍法帖」3巻を買って全巻揃えるべく少しずつ動き出そうとしたり (あともう少し)

黒神・・・蒼鷹織慧ちゃんがとても可愛いとは思ったが、それよりもゴースト(獅子神一族のものらしい?)の正体が気になるし、ヤングガンガンは表紙が表紙だから買う気が起こらない。 獣の奏者・・・王獣のフサフサ感があまりしないのだがw 上橋先生と武村先生のネタバレつき対談は印象的だった。思わず「精霊の守り人」を読み返してしまったりするなど。 Y十M・・・自分としては、「バジリスク」より面白くて、アニメ版も期待できるのでは? と思うのだが・・・)



 高校ラグビーの決勝戦は観てない(ビデオ撮り忘れてた)けど、準決勝のほうは撮っていたので・・・ 今日になってようやく観た。 大阪朝鮮高校の今後に期待したい。 あと、今後の日本ラグビーのレヴェルが、アジアでなく世界の方にシフトアップして行ってくれればな~と思ってしまった(南アフリカ出身の片親を持つ選手が体格でもプレーでも目立っていた。彼がもっと伸びて行ってくれれば・・・)。
 尤も、7人制とかなら15人制に比べて、まだ世界トップレヴェルが狙えるけど。(どうしてもパワーや体重・体格に圧倒されてしまう15人制の方では様々なテクニックや作戦が通用し難くなってしまう)


 「あしたのジョー 2」は、怒涛の3話連続放送。 去年までは毎週2話ずつだったのが、今週は大盤振る舞い!!! カルロス・リベラ と矢吹丈の睨み合い、そして韓国籍東洋チャンプ、金竜飛との睨み合い 等等と、非常に緊迫感溢れる思わず握り拳を作ってしまう展開。 
 ハッキリ言おう、「あしたのジョー」は、現在放送(制作)中の他のアニメと互角以上に渡り合える面白さがある,と!!!
・・・MBS圏以外の地域では再放送されてるかどうか知らんけど。




 「合法都市」の、50回記念QUOカードが、俺の下に届いた!!!!!!!!!  寺沢(=遠藤)の絵こそ無いものの、盤流会長の不敵な笑顔と盤流市内のみで流通し得るマネーのデザインが入った、ハードボイルド臭を漂わせる、“不良のケンカから一歩引いたスタンス”を貫く東條先生の絵の入ったこれは、一生の宝物にしたい。
・・・取り敢えず、500円分使った後は、出来るだけ死蔵状態にならないように、すぐ見える範囲に置いておきたい。
 来る2月10日には OVERKILL の新作が(国内盤の形で)発表される事となるようだ。 楽しみなので、既に注文済み。
 BURRN! 1月号は、まだ読み終わっていない。でも2月号を買ったので、それについて一言言わせて欲しい。 ・・・・・・・・・「HEAVENLY の「Carpe diem」の藤木さんの88点という評価、ちょいと高すぎやしないか?」と。まあ、エロ分も考慮して付けたんなら別だけど(爆)。


にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ
にほんブログ村

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバックテーマ 第925回「あなたの故郷自慢♪」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の吉久です! 今日のテーマは「あなたの故郷自慢♪」です。 自分の故郷の食べ物・観光スポット、むしろコアなスポット、何でもかまいません(以下略)
トラックバックテーマ 第925回「あなたの故郷自慢♪」





 今日、香作展 (兵庫県立香寺高校美術工芸部の作品展) に行って、全国トップクラスの芸術作品やその他の、現役高校生の芸術作品を鑑賞してきた。

 当然、自分がプッシュするのは開催場所(もちむぎの里 とか 柳田邦夫生誕地 とか)ではなく、香寺高校の美術工芸部、もとい、この「香作展」


 全国の文化芸術祭では既に常連となっているこの部活は、在籍している学生の一部がセミプロ活動をしている ・・・と言っても良いと思う。  要するに、「コンテストに入賞する」のでなく、看板・ポスターのデザインが採用される、或いはそれを作ってくれとの依頼を受けることがある,ということ。
 具体的には、福崎町宣伝のポスター とか・・・。 (行政機関から褒賞を受けることもあるし)


 高校総合文化祭全国大会や全国高校デザイン選手大会決勝大会、全国高校生クリエイティヴクラフト展、高校ファッションデザイン選手権 等に出展した様々な秀逸な絵画・工芸作品が展示してあり、タダこれを鑑賞する事ができるとは、中々お得だと思う。  ・・・1年生の作品・未発表の作品もある。 でも、だからこそ「ああ、これは高校生の作品展なんだっけ・・・」と実感し、現実に引き戻されることもあり、また、その1年生たちが来年にはどれほど大成して見事な(よりレヴェルアップした質の高い)作品を見せてくれるのか,と期待してしまう。

 また、この中からどれだけのプロ芸術家がどれだけ出てくるのかなぁ~と、毎回香作展に訪れるたびに真剣に考えもする。



 ちなみに、昨年は加古川の方にも一部出展していたが、今年は何故か福崎・エルデホールのみでの開催になる・・・。




 ついでに言うと、開催場までは車で約1時間強。 BGMは、つい先週買ったばかりの FAIR WARNING 「Four」SHM-CDヴァージョン(の、ペーパースリーヴ2cd)の CD-1本編。 往復で約2時間半・3ローテーションたっぷり聴き、車内で共に歌う・・・w

 更に余計な一言。 「ゼロ -The Man of the CREATION-」のコミックスは、未だに全巻揃える事が出来てない。。。 一応、後半年を目処にキッチリ揃えようとは思っているんだけど。。。

テーマ : 兵庫県
ジャンル : 地域情報

「池上彰氏の学べるニュース」を観て。

 「池上彰氏の学べるニュース」というTV番組を観ていて、日本国内の政治事情や、海外・特に南アフリカの事情を見て、色々なことを思った。


 勿論、特に「菅新総理が、苦労人であり、また久しぶりの1世代目議員である」ということ等も結構大きいけど、
今度、サッカーの世界大会が開催される南アフリカに関するトピックスもあったので、その紹介を少し。

 かつて、自分が小・中学生時代に社会(歴史・公民(政治) )の授業で習った、アパルトヘイトやネルソン・マンデラ氏の偉業 の、復習が出来た という感じで、色々と再勉強出来て良かった。 マンデラ氏が交流されていた時に外部との交流手段として使っていた“通称・監獄島”に唯一あった病院、白人と黒人を差別する不当な理由や理不尽な差別そのものへの抵抗行為など、また当時のマンデラ氏に対する南アフリカ政府(白人社会)の仕打ちなど・・・・・・ かつて、20年或いはそれ以上前に学校で学んだこと(あれ? 実際、そんな頃だったっけ? ・・・勉強したことは覚えててもいつ頃教わったかは忘れた;;)を、あれこれと思い出させてくれる内容だった。

 日本人が“優先人種”として黄色人種ながら白人同然に優位的な扱いを受けた という事は紹介されなかったけど、とにかく、小・中学校時代に勉強した内容を色々思い出すことが出来て、良かったと思う。

 それに、野球やサッカーよりも、ラグビー(の観戦)を好きな自分としては、

「南アフリカが、1995年のラグビーワールドカップに、初出場ながら、いきなり優勝を決めた」
 という事実に、激しく興奮されられた。 また、「南アフリカ」という国で、黒人も白人も互いに自国選手の健闘を讃えて喜んでいた,ということに、何と言うか ・・・今更ながら感動してしまった。

 当時は、物理的には白人よりもフィジカルに恵まれた黒人が、ただ一人ながら南アフリカ代表として参加していた,という、珍しいこともありながら、 “あの”オールブラック (NZ代表)からの勝利を収めた という事実に、日本人ながら物凄くテンションが上がってしまった。


 最近では、記者が強盗に遭う等犯罪・事件も起っているが、
  (これ以上犯罪がらみの大きな事件が起ってほしくないと思いつつ)
いずれにしても、サッカーの大会は決勝戦終了までつつがなく終わって欲しいと思う。

・・・・・・あとは、ラグビーとF1のGPが当地で(前者は「再び」という意味)開かれば・・・ なんて事を思ってしまうのだが。。。



皆様、この記事の丁度前に、くだらないアホなネタを投下してしまって、スミマセンでした。。。

テーマ : 南アフリカ
ジャンル : 海外情報

「石井正則の珈琲学」は、毎回観ていた。

 5/31~6/21まで、NHKで合計4回に亘って毎週月曜放送されてきた教養番組・「石井正則の珈琲学」のレヴューをして見たい。

 勿論、こんなことをする(この番組を観る)のは、自分が「紅茶よりもコーヒー」派の人間だからなわけで。

 お笑い芸人を本職とするも、“コーヒー好き”を自認し、公言している 石井 政則 さんがメイン・パーソナリティとして送る、優良番組。  一月に支払う料金は、1000円をちょっと超える程度ですが何か。(←そんなもん関係ないわーーー!!!)
 第1回では、「珈琲の淹れ方・豆の焙煎技術」について、定評のある喫茶店・コーヒー専門店の店主から色々なアドヴァイスを得ながらコーヒーを美味しくしたり淹れたりといった技術的なことを石井さんが学んでいく。
 第2回ではコーヒーの歴史について。 ・・・薬として相当な昔から重宝され、それ以外にもイスラム教圏とキリスト教圏でのコーヒーの捉え方の違い ・・・等々。
 第3回は、コーヒーの科学と題して、石井さん自ら参加しての人体実験を。 カフェインが運動中の脂肪燃焼を助けることが良く理解できたらしい。

そして、(今日観た)最終回・4回目では、「自分だけの一杯」を探して、石井さんが自分の好みの味を求め、更に日本国内でコーヒーの原材料を全て調達して自ら焙煎して淹れよう,と意気込む。
 先ずは、コーヒーの「その人の好み」を割り出すソフトで自分の好みを再確認するために、金沢学院大学の工学教授・広瀬幸雄 氏の研究室まで出向き、自分好みの味や香り・コクをコンピューター(ソフト)で分析・再確認。
 続いて、「コーヒーベルト」こと、南北緯度25°線内に位置し、コーヒー栽培の可能な最北端地域(最北限)である沖縄に赴き、沖縄のコーヒー農家と直談判してコーヒー豆を手に入れる。
 訪ねた先は、沖縄に十数件ある中の1つ、年間生産量500kgのコーヒー農家。 石井さんによると、コーヒー豆は生のまま食べてみると、どうやら「野菜っぽい感じの甘さがある」らしい。
 また、ここのコーヒー農園内で淹れた殆ど即席のコーヒーは、農家の方の粋な計らいで「淹れたてのコーヒーに、摘みたてのコーヒーの花を浮かべる」という、なんとも日本らしい風流のある飲み方。
 本当に、これは・・・ 「紅茶とかよりもコーヒー」派の人間でなくとも、思わず「あ、なんか、美味しいコーヒー飲みたいな~」と思ってしまうのでは? と思うが。
 続いて、コーヒーカップを自作するべく求めたのは、琉球ガラス。 正し、耐熱のものでないとすぐにガラスが割れてしまうので、強化ガラスで琉球ガラスを作る唯一の会社でコーヒー用マグカップを作らせて貰う。
 「水もここで!」と、与那覇岳に出向いて、美味しい自然水を入手。 地元の方によると「ここの水は軟水なので元々コーヒーに合うし、喫茶店の人が良くここに水を採りに来る」というので、石井さんはとても良い選択をしたという事だ。
 無事に原材料とマグカップを手に入れたその後は、東京から持参した、第一回でお世話になった「カフェ・バッハ」の田口さんから頂いた手網を取り出し、地道に焙煎を開始。 次に、じっくりと粗引きで豆を挽いて行き・・・・・・ お湯を注ぐ段階で、何と、割れた音がしてカップにひびが入ってしまった!!!!!!  予備にと作っていたスペアのカップは無事だったので、そちらの方を使って軽く一口。

 最終的には、本格的に、沖縄のとある海岸で、アンティークの家具一式(椅子とテーブル)、更に蓄音機とレコードを準備して、夕方時に時間を合わせて、初期のジャズをゆったりと聴きながら、夕焼け空が海面に映える風景を眺めつつ“全て自分で探し求めた原材料から、自ら淹れたコーヒー”を飲む,という、正に「自分だけの一杯」を味わう至福の一時を堪能していた・・・。


 芸能人って、羨ましい・・・・・・。 (微妙に違う)

続きを読む

テーマ : コーヒーはお好きですか?
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

Author:KnackValm
 URL とブログ名で判る通り、とてもカオティック(混沌的)にあれこれがムチャクチャに混ざり合っているので、ご注意を。
(1万アクセス越えを機に、HNをマイナーチェンジ)


 ドラマは殆ど観ない。 アニメは観る、但し殆ど深夜もの!
 CLAMP先生、PEACH-PIT先生以外にも、特に 東條仁先生や今野直樹先生、藤原カムイ先生、高橋留美子先生、藤原芳秀先生、島本和彦先生等々の作品も好む。
 ファンタジーとSFとスポーツと、ストイック・ハードボイルドな漫画を好む。 最近は、「バチバチ」と「弱虫ペダル」にハマッている。
 ゲームは、もっぱらファルコムかStudioGIW。要するに、PCゲーム。
(註:ネタバレ全開状態で突き進むので、そこの所注意して読んでいくように!!!)
  “自称・オタクらしからぬオタク”。
よく見るニュースは、福祉・国際・人権・文化・学問(特に生物学)など。

・・・好きな音楽は、ジャズ/フュージョンやHR/HM系、メロディック・デスなど。 あと、BONNIE PINKや'90年前後の女声HR、ファンクやR&Bも。

 リンクする際には、是非ともご一報を。

カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
カテゴリ
DIO (6)
AOR (6)
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。